Hyosu001
兵主神社(ひょうすじんじゃ):Hyosu-jinja Shrine
撮影:令和4年5月7日

【社格等】

  • 延喜式内社
  • 旧社格=県社

【祭神】

<主祭神>
  • 大己貴命(おおなむちのみこと)
<配祀神>
  • 八千戈命(やちほこのみこと)
  • 葦原醜男(あしはらのしこお)
  • 大物主命(おおものぬしのみこと)
  • 神清之湯山主三名狭漏彦八嶋篠命(すがのゆやまぬしみなさるひこやしましのみこと)

【ご利益】

創建は奈良時代の782年。播磨国の国衙として大和国からやってきた岡本修理大夫が穴師坐兵主神社(あなしにますひょうずじんじゃ・奈良県桜井市)を勧請したものとされる。

兵主神は中国由来の軍神・武神であるが、勧請元の穴師坐兵主神社では御食津神(みけつかみ=ウカノミタマ)とされており、一般にはオオナムチやスサノオと同視されることが多い。
当社の配祀神もオオナムチと同一であるか近い関係と見られる神々である。

戦国時代には三木城攻略にやって来た羽柴秀吉軍の黒田孝高が当社に戦勝を祈願。その際の奉納金で拝殿が立て替えられ、今の様子となったという。
拝殿は茅葺入母屋造の長床式ということで、珍しいらしい。普段見慣れた神社とは異なる印象。

【公式ホームページ】

なし
*参考:兵庫県神社庁

【所在地】

〒679-0313 兵庫県西脇市黒田庄町岡372−2

  • 駐車場:有
  • 社務所:無人
  • 御朱印:無

【写真】

Hyosu002
Hyosu003
Hyosu004
Hyosu005
Hyosu006
Hyosu007
Hyosu008
Hyosu009
Hyosu010
Hyosu011
Hyosu012
Hyosu013
Hyosu014
Hyosu015
Hyosu016
Hyosu017
Hyosu018
Hyosu019
Hyosu020
Hyosu021
Hyosu022
Hyosu023
Hyosu024
Hyosu025
Hyosu026
Hyosu027
Hyosu028
Hyosu029
Hyosu030
Hyosu031
Hyosu032
Hyosu033
Hyosu034
Hyosu035