IMG_9375
美具久留御魂神社(みぐくるみたまじんじゃ):Migukuru-mitama-jinja Shrine
撮影:令和3年7月11日

【社格等】

  • 延喜式内社
  • 旧社格=郷社
  • 石川郡総社

【祭神】

主祭神
  • 美具久留御魂大神(みぐくるみたまのおおかみ)=大国主命
配祀神
  • 天水分神(あめのみくまりのかみ)
  • 弥都波迺売命(みずはのめのみこと)
  • 国水分神(くにのみくまりのかみ)
  • 須勢理比売命(すせりひめのみこと)

【ご利益】

創建は、崇神天皇10年(紀元前88年)、当地にしばしば大蛇が出没して農民を悩ませたことについて、視察に来た天皇から「大国主の荒魂によるものだから祭りなさい」と指示されたことによる。
ところが、その50年度ほどあと、崇神天皇62年には丹波国・氷香戸辺の子が神がかりして
水草の中に沈んでいる玉のような石。出雲の人の祈り祭る本物の見事な鏡。力強く活力を振るう立派な御神の鏡。水底の玉。宝の主。山河の水の洗う御魂。沈んで掛かっている立派な御神の鏡。水底の宝。宝の玉(Wikipediaから引用)
と、歌ったのだとか。「山河の水の洗う御魂。」の部分が当時の言葉で「山河(やまがは)の水泳(みくく)る御魂(みたま)」だったことを受け、天皇から「みぐくるみたま」の社名を付けられたと続く。

地図などを見ると、当社の周りには、池が多いので池を絡めた話が当てはまるのもわかる一方、現兵庫県北東部の子供が発した歌が、大阪府南部の当社を特定することになる理由はよくわからない。
後年に発生した別の話が、(出雲系の)当社の話に付け加えられたのではないかという説もあるらしい。

参拝していたところ神社の方から、当社は上下に分かれた下社にあたるらしく、上社である建水分神社(たけみくまりじんじゃ)も併せて参拝することを勧められた。

【公式ホームページ】


【所在地】

〒584-0011 大阪府富田林市宮町3丁目2053

  • 駐車場:有
  • 社務所:有人
  • 御朱印:有




【写真】


IMG_9359
IMG_9360
IMG_9361
IMG_9368
IMG_9372
IMG_9374
IMG_9376
IMG_9377
IMG_9378
IMG_9421
IMG_9379
IMG_9380
IMG_9382
IMG_9384
IMG_9387
IMG_9388
IMG_9393
IMG_9394
IMG_9395
IMG_9396
IMG_9397
IMG_9399
IMG_9402
IMG_9404IMG_9408
IMG_9409
IMG_9412
IMG_9414
IMG_9416
IMG_9417
IMG_9420