神の名前と一緒に検索されている言葉を調べると、新しい発見があるかもしれない。
世の人々が神の名前を何と紐付けているのかを知るため、「神話SS」に登場する神々の名前と、検索結果に表示された関連ワードを調べてみました。

▼参考:SSに登場する神々の一覧

今日のテーマは、「ホオリ(ヒコホホデミ)×〇〇」です。

浦島太郎

  • ホオリは、天孫・ニニギとコノハナノサクヤビメとの間に生まれた子である。古事記では三つ子の末っ子となっており、長男・ホデリ、次男・ホスセリという兄を持つ。狩りが得意なことから“山幸彦”とも呼ばれ、同様に釣りが得意で“海幸彦”と呼ばれていた兄のホデリとセットで扱われることが多い。「じゃあホスセリは何幸彦なんですかー!?」と言いたくなるが、その点は謎。なお、日本書紀ではホスセリが海幸彦になっていたりする。
  • 古事記によれば、あるときホオリは兄のホデリに「互いの道具を交換しよう」と持ち掛け、ホデリの釣り針を使って釣りに出掛けたところ、その釣り針を無くしてしまった。釣り針を弁償して謝ってもホデリが許してくれないことに困り果てた彼が海辺で泣き憂いていたところ、偶然(?)やって来たシオツチがワタツミの宮へ行くよう助言する。
  • シオツチの助言どおりワタツミの宮へ行ったホオリは、ワタツミの娘・トヨタマビメと結ばれ、そのまま三年間そこで過ごすが、ふとした瞬間に無くした釣り針のことを思い出し深いため息を吐く。そんな夫を心配したトヨタマビメがワタツミに掛け合ってくれた結果、ホオリは無事に釣り針を取り戻すことができた。
  • 釣り針を持って日向へ帰ったホオリは、帰りがけにワタツミから教わったまじないでホデリを懲らしめ、晴れて日向国の支配者としての地位を手に入れたのでした――
  • というのが、ホオリが活躍する海幸山幸神話の大まかなストーリー。そして、この神話が民話「浦島太郎」の元になったとされている。どちらも「男が海の彼方の宮殿でいろんなことを忘れて美しい姫君とイチャコラしてたら意外と時間が経ってた」という要素を含むお話なので、似ているということに文句をつける人はほぼいないだろう。ホオリは漁師でもなければ亀に乗ってもいないなど相違点も多々あるが、彼が浦島太郎のモデルであるということは間違いなさそうだ。

古墳

  • ホオリは高千穂宮で570年暮らした後、高千穂の山の西に葬られたとされている。その陵墓は高屋山上陵(たかやのやまのえのみささぎ)といい、宮内庁により鹿児島県霧島市溝辺町麓にある円墳に治定されているとのこと。
  • 高屋山上陵の治定地を地図で見てみると、高千穂峰から南西の方角にあるので、「高千穂の山の西」という古事記の記載に即しているように思われる。ただ、直線距離で20km以上あるので「高千穂の山の西」というにはやや遠いような……?まぁ、当時は他にちょうどいいランドマークも無かったと考えれば、無理はないか。
  • 上記治定地以外にも、ホオリの陵墓という伝承が残っている場所は九州南部各地に点在しているらしい。例えば、宮崎県高千穂町内の古墳、鹿児島県肝付町の国見山、鹿児島県南さつま市の野間岳、宮崎県宮崎市村角町の高屋神社などがそうであるようだ(Wikipedia情報)。とは言え、これらをホオリの陵墓であるとした場合、果たして「高千穂の山の西」というのは高千穂峰ではなく何山の西なのか……?

若御毛沼

  • 若干ズルかもしれないが、これは「ホオリ」の関連検索ワードとして出てきたものではない。ホオリはまたの名を「ヒコホホデミ」とも言うため、そちらの関連検索ワードから引っ張ってきたものだ。
  • 一方、「若御毛沼」は神武天皇ことカムヤマトイワレビコの別名。カムヤマトイワレビコはホオリの孫に当たる血縁者だが、「若御毛沼」が「ヒコホホデミ」の関連検索ワードで出てきた理由は、なにもカムヤマトイワレビコがおじいちゃんっ子だったからとかそういうことではない。おじいちゃんっ子どころか、カムヤマトイワレビコもホオリと同じ「ヒコホホデミ」という名を持つからだ。
  • 要するに、ホオリの子であるウガヤフキアエズは、自らの息子に自らの父と同じ「ヒコホホデミ」という名を付けたということになる。しかも長男でも次男でも三男でもなく、末っ子の四男にだ。ウガヤフキアエズが何を思ってそうしたのかはわからないが、欧米では息子に自分と同じ名前を付けて「○○Jr.」にしたり、「ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ」にしたりすることもままあるので、祖父の名前を付けるくらいで騒ぐのも野暮だろうか?某国民的人気漫画の主人公も、息子に自らの育ての親の名前である「悟飯」と名付けていたことだし……まぁそういうケースもあるということで。

登場した神々の名は。

  • ニニギ(瓊瓊杵尊/邇邇芸命)
  • コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売/木花咲耶姫)
  • ホデリ(火照命)
  • ホスセリ(火須勢理命/火闌降命)
  • シオツチ(塩椎神/塩土老翁)
  • ワタツミ(綿津見神/海神豊玉彦)
  • トヨタマビメ(豊玉毘売/豊玉姫)
  • カムヤマトイワレビコ(神倭伊波礼毘古命/若御毛沼命)
  • ウガヤフキアエズ(天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命/彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊)


「ヒコホホデミ」と言えばホオリ派とイワレビコ派どちらが多いか統計取ってみてほしいですね。
興味が湧いたら、神話SSを読みつつ、神々の名前で検索してみてはいかがでしょうか。