神の名前と一緒に検索されている言葉を調べると、新しい発見があるかもしれない。
世の人々が神の名前を何と紐付けているのかを知るため、「神話SS」に登場する神々の名前と、検索結果に表示された関連ワードを調べてみました。

▼参考:SSに登場する神々の一覧

今日のテーマは、「トヨタマビメ(トヨタマヒメ)×〇〇」です。

乙姫

  • トヨタマビメは、海神・ワタツミの娘であり、前回取り上げたタマヨリビメの姉である。無くした釣り針を探しにワタツミの宮へやって来たホオリと結ばれ、3年間の結婚生活を送った。その後、釣り針を取り戻して日向へ帰ったホオリを追って自らも日向へ赴き、ホオリとの子・ウガヤフキアエズを生む。本来ならばそのまま日向で幸せな家庭を築くはずだったのだが、ウガヤフキアエズを出産する際、“真の姿”である巨大なサメ・八尋和邇(ヤヒロワニ)の姿に戻ったところをホオリに覗き見られたことを恥じて、ワタツミの宮へと帰ってしまった。そして、トヨタマビメに代わりウガヤフキアエズを育てるためにタマヨリビメが日向へ派遣されることになるわけだが、トヨタマビメ自身がその後どうなったかは記紀では語られていない。
  • そんなトヨタマビメは、日本昔ばなしの定番『浦島太郎』に登場する乙姫のモデルと言われている。確かに、わざわざ海を渡ってワタツミの宮まで釣り針を探しに行ったはずのホオリが、当初の目的を忘れて3年間も過ごしてしまうというところは、浦島太郎のストーリーと通ずる。従って、ホオリの妻となるトヨタマビメが乙姫のモデルであるというのは、比較的すんなり納得できる人が多いのではないだろうか?
  • ただ、乙姫はその名からして甲乙丙丁の2番目の「乙」、即ち次女(あるいは兄妹の妹?)であると推測されるのに対し、トヨタマビメはタマヨリビメの姉というイメージが強い。従って、「トヨタマビメがモデルなら甲姫にすべきじゃないんですかー!?」という疑問も湧いてしまうところではあるが、まぁトヨタマビメにもさらに上の姉がいたかもしれないし、そもそも乙姫が次女であるという公式設定があるわけでもないので、どうでも良いか。

なまず

  • 佐賀県嬉野市の豊玉姫神社の境内には、「なまず様」を祀った「なまずお社」があるそうだ。なんでも、豊玉姫神社のある嬉野地区には、嬉野川に古くから住む大ナマズはトヨタマビメのお遣いであるとの言い伝えがあるのだとか。海神・ワタツミの娘であるトヨタマビメの遣いが淡水魚で良いのか……?という点に一瞬違和感を覚えたが、むしろトヨタマビメ自身が海専門だからこそ、目の届きにくい川には「なまず様」を遣いにやったのだと考えればリーズナブルな気もする。「なまずお社」には白磁製の「なまず様」の像が鎮座しており、これに祈りを捧げながら「願い水」と呼ばれる水をかけると、お肌がすべっすべになるらしい。
  • そんなこんなで嬉野地区では昔から「なまず様」は大切に崇められていて、「なまず様」に危害を加えると祟りがあるとも言われているそうだ。鹿島のタケミカヅチや香取のフツヌシは大ナマズを退治して地震を鎮めたことで英雄的な扱いをされているが、もし嬉野で同じことをしていたら、英雄どころかとんでもない罰当たりな輩だと誹られていたかもしれない。このように、地域によっては悪者にされていた生き物が、別の地域では神の遣いになっていたりするというのも民話や伝承の面白さの一つだと思う。
  • 豊玉姫神社は「日本三大美肌の湯」の一角として知られる嬉野温泉の中心地に位置するため、「なまず様」に会いに行った際は是非とも温泉に浸かりたい。「なまず様」の御利益と温泉の効能で、きっとお肌がツヤっツヤのすべっすべになることだろう。まぁ、私の肌がツヤっツヤのすべっすべになったところで仕方ないのだが。

苅田町

  • 福岡県京都郡苅田町……「きょうとぐんかりたまち」と読んでしまいそうだが、「みやこぐんかんだまち」と読むようだ。ここには上述した記紀神話とは若干異なるトヨタマビメの伝説が残っているらしい。
  • 記紀神話と苅田町に伝わる伝説との最も大きな相違点は、トヨタマビメの真の姿だろう。記紀ではトヨタマビメはウガヤフキアエズを出産する際、巨大なサメの姿になっていた。これに対し、苅田町に伝わる伝説では龍の姿になっていたとのこと。さらにその後、トヨタマビメは苅田町にある鍾乳洞・青龍窟へ行き、龍から美しい女神の姿に生まれ変わったのだとか。要するに、元々“世を忍ぶ仮の姿”としてとっていた女神の姿を、正式な“真の姿”とすることに成功したということだろうか?
  • そんなこんなでトヨタマビメとゆかりのある苅田町はご当地ゆるキャラとしてデフォルメした「豊玉姫」ちゃんを推していたり、「豊玉姫」のイラストでラッピングしたコミュニティバス『豊玉姫号』を走らせたりしているようだ。こういう町を挙げて神話をアピールしていく感じ……「いいぞもっとやれ」と言いたい。国の天然記念物に指定されている青龍窟にも興味があるので、機会があれば是非行ってみたい町である。

登場した神々の名は。



嬉野温泉が出てきたので、必死に抑えていた温泉欲が高まってきました。
興味が湧いたら、神話SSを読みつつ、神々の名前で検索してみてはいかがでしょうか。