神の名前と一緒に検索されている言葉を調べると、新しい発見があるかもしれない。
世の人々が神の名前を何と紐付けているのかを知るため、「神話SS」に登場する神々の名前と、検索結果に表示された関連ワードを調べてみました。

▼参考:SSに登場する神々の一覧

今日のテーマは、「タマヨリビメ(タマヨリヒメ)×〇〇」です。

名前

  • タマヨリビメは、海神・ワタツミの娘であり、神武天皇ことカムヤマトイワレビコの母親として知られる女神である。姉のトヨタマビメが山幸彦ことホオリとの間にもうけた子・ウガヤフキアエズを残して里帰りしてしまったため、代わりにウガヤフキアエズの養育係として日向へ派遣された。その後、なんやかんやで息子同然に育てたウガヤフキアエズの妻となり、歳の差玉の輿に乗っている。ウガヤフキアエズとの間にイツセ・イナヒ・ミケヌ・ワカミケヌの四兄弟をもうけ、この末っ子・ワカミケヌが神武天皇となった。
  • ……というのは、当ブログの神話SSにも登場した日向神話のタマヨリビメの話で、他にも同じ名前を持つ女神が複数存在する。例えば、以前この謎コラムで取り上げていたアメノコヤネの娘にもタマヨリビメという名の女神が出てきたが、これも同名の別神である……と、思う。知らんけど。
  • そもそも、タマヨリビメという名前は「霊(タマ=神霊)の依り代となる姫」を意味するものであり、“神懸り”をする巫女をそのように呼んだらしい。そのため、結果的に時代や場所を超えて同じ名前の女神が存在することになったようだ。

龍神

  • 神奈川県鎌倉市の龍口明神社(りゅうこうみょうじんしゃ)では、タマヨリビメは龍神として崇められており、他の龍神たちを束ねる存在であるとされている。御神徳としては潮の満ち干きを司り、出産や育児等の御守護もされるのだとか。海神・ワタツミの娘であることや、ウガヤフキアエズを育てあげ、カムヤマトイワレビコをはじめとする四兄弟を生んだ実績を考えれば納得の御神徳である。
  • 記紀にはタマヨリビメが龍神であるというような描写は無い。ただ、タマヨリビメの姉・トヨタマビメ曰く、異国の者は皆、出産時には本国の姿に戻って出産するものであり、トヨタマビメはその言葉どおり巨大なサメ・八尋和邇(ヤヒロワニ)の姿に戻って出産しているところを夫のホオリに見られたことを恥じてワタツミの宮へ帰ってしまった。
  • このトヨタマビメの話からすれば、妹のタマヨリビメにも何らかの“真の姿(トゥルー・フォーム)”があってしかるべきだろう。そして、水を司る神と言えば龍であるということも加味すると、タマヨリビメの真の姿が龍神であっても不思議ではないと思われる。

赤米

  • タマヨリビメを祀る種子島の宝満神社には、かつてタマヨリビメが種子島に赤米をもたらし、水田を拓いて食生活を潤したという伝説が残っているらしい。そして、現在もその赤米を神田で栽培し、神饌として捧げ続けているのだとか。
  • 宝満神社に伝わる赤米の原種は門外不出のため神事の際にしかいただくことはできないそうだが、これから派生した品種の赤米が商品化されており、通販で取り寄せることもできるようだ。その名もずばり「たまより姫®。ポリフェノールが豊富に含まれているとのことなので、これを食べれば抗酸化作用で若々しさが保たれ、タマヨリビメのように年下の旦那をGetできるかもしれない。
    ※「たまより姫」は有限会社新栄物産さんの登録商標(第5581907号)です。
  • 種子島は日本の稲作発祥の地とも言われており、宝満神社のすぐそばにある「たねがしま赤米館」では伝統的な赤米栽培の歴史を学ぶことができるらしい。こういうニッチな資料館には興味をそそられる。

登場した神々の名は。

  • ワタツミ(綿津見神/海神豊玉彦)
  • カムヤマトイワレビコ(神倭伊波礼毘古命/若御毛沼命)
  • トヨタマビメ(豊玉毘売/豊玉姫)
  • ホオリ/ヒコホホデミ(火遠理命/彦火火出見尊)
  • ウガヤフキアエズ(天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命/彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊)
  • イツセ(五瀬命/彦五瀬命)
  • イナヒ(稲氷命/稲飯命)
  • ミケヌ(御毛沼命/三毛入野命)
  • アメノコヤネ(天児屋命)


「名前」という関連ワードが出てくるのは、このコーナー的には当たりですかね?
ちなみに、サムネの赤米はフリー素材なのでどこのお米かはわかりません。
興味が湧いたら、神話SSを読みつつ、神々の名前で検索してみてはいかがでしょうか。