神の名前と一緒に検索されている言葉を調べると、新しい発見があるかもしれない。
世の人々が神の名前を何と紐付けているのかを知るため、「神話SS」に登場する神々の名前と、検索結果に表示された関連ワードを調べてみました。

▼参考:SSに登場する神々の一覧

今日のテーマは、「オオヤマツミ×〇〇」です。

カヤノヒメ

  • 古事記においてオオヤマツミが最初に登場するのは、イザナギとイザナミによる神生みの段である。神生みはひたすら生まれた神の名前を列挙しているだけの箇所なので神話SSではごっそり省略したが、イザナギとイザナミが計17柱の神々を続々と生んでおり、オオヤマツミはその13番目に山の神として生まれている。そして、オオヤマツミに続いてその対となる野の神として生まれたのが、この“カヤノヒメ(別名:ノヅチノカミ)”。
  • イザナギとイザナミがそうであったように、オオヤマツミとカヤノヒメも兄妹で夫婦となり、以下の四対八柱の神々を生んでいる。
  • ooyamatsumi
  • 上記以外にも古事記には下記のとおりオオヤマツミの御子が複数登場しているが、それらが誰との子なのかは定かではない。従って、唯一判明しているオオヤマツミの妻としてカヤノヒメが関連検索ワードに入ってくるのは頷けると言えば頷けるが、下記の御子たちの方が知名度は高いのではないか……?
    <古事記に登場するオオヤマツミの御子たち>
    〇アシナヅチ・テナヅチ(クシナダヒメの両親)
    〇コノハナチルヒメ(スサノオとクシナダの御子ヤシマジヌミの妻)
    〇カムオオイチヒメ(スサノオの妻で、オオトシやウカノミタマの母)
    〇コノハナノサクヤビメ(ニニギの妻)
    〇イワナガヒメ(コノハナノサクヤビメの姉)

  • 調べてみたところ、オオヤマツミは蛇の身体を持つ神であるとの説があるらしい。その明確な根拠までは辿り着かなかったが、「日本の原始的な信仰対象は蛇であり、山の神と言えば蛇であるのが常識だから、オオヤマツミは蛇なんだー」とか、「円錐形の山は蛇がとぐろを巻いたように見えるから、山の神は蛇!つまりオオヤマツミは蛇なんだー」とか、「“ミ=蛇”だから、オオヤマツミは“山の蛇”を表してるんだー」などといった解釈がある模様。
  • また、上述したとおりカヤノヒメには“ノヅチノカミ”という別名があるが、この“ノヅチ”は民間に伝わる蛇に似た妖怪の名前としても知られている。とは言えカヤノヒメが妖怪ノヅチの親玉というわけではなく、どうやら“ノヅチ”は「野の精霊」を意味する語であることから、たまたま野の神であるカヤノヒメと野を這う妖怪で名前が被ってしまっただけらしい。ただ、カヤノヒメも蛇の身体を持つと考える人もいる模様。ちなみに、妖怪ノヅチはむか~しUMAとして一世を風靡した「ツチノコ」の元ネタでもある。
  • その他、「“ヅチ=蛇”だから、アシナヅチ・テナヅチは手足の無い蛇を表してるんだー」というように、オオヤマツミの御子であるアシナヅチ・テナヅチを蛇と関連付ける解釈も見られた。ヤマタノオロチは言うまでもなく大蛇だが、その被害者であるアシナヅチ・テナヅチも蛇とは……。

  • 京都府京都市右京区にある梅宮大社には酒造の神として酒解神(さかとけのかみ)が祀られているが、これはオオヤマツミの別名であるとされている。
  • 梅宮大社さんのHPによれば、娘のコノハナノサクヤビメがニニギの御子ヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊=ホオリ=山幸彦)を産んだことを大いに喜んだオオヤマツミは酒を造って天神地祓(てんじんちぎ)に供え、このことにより酒解神と呼ばれるようになったのだとか。同HPにはこれが日本酒醸造の始まりであると記載されているが、古事記においてそれ以前にアマテラスがスサノオの横暴について「酔って吐き散らかしただけ」と言っていたり、アシナヅチ・テナヅチが八塩折酒を造ったりしていることと整合しない点が気になってしまう。
  • 実際にオオヤマツミが日本で初めて酒を造ったのかどうかはわからないが、いずれにせよ酒と関わりの深い神ではあるようなので、日本酒好きな方は梅宮大社をはじめオオヤマツミを祀っている神社を参拝してみてはいかがだろうか?

登場した神々の名は。

  • カヤノヒメ/ノヅチノカミ(鹿屋野比売/野椎神)
  • イザナギ(伊邪那岐/伊弉諾)
  • イザナミ(伊邪那美/伊弉冉)
  • アメノサヅチ(天之狭土神)
  • クニノサヅチ(国之狭土神)
  • アメノサギリ(天之狭霧神)
  • クニノサギリ(国之狭霧神)
  • アメノクラド(天之闇戸神)
  • クニノクラド(国之闇戸神)
  • オオトマトヒコ(大戸惑子神)
  • オオトマトヒメ(大戸惑女神)
  • アシナヅチ(足名椎命/脚摩乳)
  • テナヅチ(手名椎命/手摩乳)
  • クシナダヒメ(櫛名田比売/奇稲田姫)
  • コノハナチルヒメ(木花知流比売)
  • スサノオ(須佐之男命/素戔嗚尊)
  • ヤシマジヌミ(八島士奴美神)
  • カムオオイチヒメ(神大市比売)
  • オオトシ(大年神/大歳神)
  • ウカノミタマ(宇迦之御魂神/倉稲魂命)
  • コノハナノサクヤビメ(木花之佐久夜毘売/木花咲耶姫)
  • ニニギ(瓊瓊杵尊/邇邇芸命)
  • イワナガヒメ(石長比売/磐長姫)
  • サカトケ(酒解神)
  • ヒコホホデミ/ホオリ(彦火火出見尊/火遠理命)
  • アマテラス(天照大御神/天照大神)


オオヤマツミが登場する神生み神話をごっそり省略しておいて言うのもなんですが……
興味が湧いたら、神話SSを読みつつ、神々の名前で検索してみてはいかがでしょうか。