▼神話SSまとめ読みはこちら


[“天降り未遂神話”の続き]
――ニニギの天降り準備中に突如として現れた障害のお話


<高天原>

アマテラス「カクカクシカジカ……ということで、ニニギ――」

アマテラス「豊葦原の水穂国は、そなたが治めるべき国です!」バーン!!


ニニギ「なるほど。つまり、父上が私を推薦したわけですね?」

アマテラス「はい。ですから、これはわたくしだけでなく、オシホミミの命でもあります」

アマテラス「さぁ、この命に従って天降りするのです!」



ニニギ「ふむ……」



ニニギ「この私を抜擢するとは、父上もなかなか見る目がありますね!」

アマテラス「ふぇ?」

ニニギ「何と言っても、私は眉目秀麗&文武両道!高天原屈指の“逸材”ですから」

アマテラス「大層な自信ですね。頼もしいですよ、ニニギ!」

ニニギ「当然ではないですか。私にはそれだけの実績がありますので!」ドヤァ!!

アマテラス「さすがはわたくしの孫……即ち、スサノオの大甥!!」

ニニギ「会ったこともない大叔父の名を出されても困るのですが……まぁいいでしょう」

ニニギ「その命、承りました」



ニニギ「豊葦原の水穂国のことはこの私に全てお任せください!」キラリンッ☆


―――――――
――――
――


<物見櫓>

アマテラス「ハァ……ハァ……」ゼェゼェ…


アマテラス「つ……着きましたよ……」グデーン…


オモイカネ「あっ!アマテラス様、お疲れさまです」

アマテラス「オモイカネさん!突然こんなところへ呼び出して何の用です!?」

アマテラス「わたくしはニニギの天降りの準備で忙しいというのに!」プンスカ!!

オモイカネ「すみません。御祖様がアマテラス様をお呼びしろと仰るので……」

タカミムスヒ「……」ムスッ

アマテラス「だからと言って、なにもこんな高いところに……」



アマテラス「……」チラッ


――ヒュオーーー(風の音)


アマテラス「ヒェ……」ゾクゾクッ



オモイカネ「いや、そこまで高くもないと思いますが……」

アメノウズメ「なんだい、お嬢?ビビってんのかい?」ニヤニヤ

アマテラス「ま、まさか!このわたくしが高所恐怖症だなんて、そんなことあるはずが――」


アマテラス「……って、ウズメさんもいらっしゃったのですね」

アメノウズメ「まぁ、元はと言えばアタシが第一発見者だからね」

アマテラス「第一発見者……?何のですか?」

アメノウズメ「“アレ”の、さ」クイッ


アマテラス「ぅむむ……?“アレ”とはどれのことです???」

オモイカネ「えぇ~っと……天の八衢(やちまた)の辺りに、何か見えませんか?」

アマテラス「言われてみれば、あそこで何か光っていますね」

タカミムスヒ「……」ウンウン

アマテラス「上は高天原、下は葦原の中つ国を照らしているようですが……灯台でしょうか?」

アマテラス「あんなもの、いつ建てましたっけ?」

オモイカネ「いえ、建てていないんですよ」

アマテラス「ふぇ?」

アメノウズメ「もっとよく見てごらん、お嬢。“アレ”は灯台なんかじゃないよ」

アマテラス「灯台ではない……?では、一体……?」



アマテラス「ぅむむ……」ジーッ


アマテラス「ぅむむむむ…………」ジーーーッ



オモイカネ「あっ、良かったら双眼鏡使いますか?」スッ

アマテラス「そういうものがあるなら早く言ってください!」パシッ!!



アマテラス「どれどれ……」スチャッ



アマテラス「はっ!」ピコーン!!

アメノウズメ「おっ、わかったかい?」

アマテラス「よく見れば灯台ではなく、崇徳院ではありませんか!!」

タカミムスヒ「……!」ズコォッ

オモイカネ「いや、そんなわけないでしょう!確かに天狗っぽいですけど!」

アマテラス「崇徳院でないならば、一体何だと言うのです?」

オモイカネ「私だって知りませんよ!」


アマテラス「では、アレはいつからあそこにいるのですか?」

アメノウズメ「アタシが最初に見つけたのは、今朝ここでダンスの練習してたときだね」

アマテラス「ダンス!?こんな物見櫓の上でですか!?」

アメノウズメ「ほら、“天岩戸神話”で踊ったときは、桶の上に乗っただけだっただろ?」

オモイカネ「はわわ……///」

アマテラス「わたくしはそのシーンは見ていないのでわかりませんが……」

アメノウズメ「あの後、“次はもっと高いステージで踊りたい”って気持ちが湧いてきてね」

アマテラス「それで、物見櫓の上で踊ろうと……?」

アメノウズメ「そうそう♪ここなら絶対目立つと思って!」

アマテラス「目立つためにそこまでするなんて……ウズメさんは本当に肝が据わっていますね……」

オモイカネ(この高さだと、逆に下から見えづらいのでは……?)


アメノウズメ「で、ここに来て踊ってたら誰かがスポットライトを当ててくれてる気がして……」

アメノウズメ「そっちの方向を見てみたら“アレ”がいたってわけさ」

アマテラス「なるほど……」

アメノウズメ「そんで“何だありゃ?”と思ってオモイカネを呼んだんだけど……」

オモイカネ「私もお手上げでしたので、御祖様に相談したところ、アマテラス様を呼べと……」

アマテラス「う~ん……そこでわたくしを呼ばれましても……」


タカミムスヒ「……」クイクイ

オモイカネ「ん?何ですか、御祖様?」

タカミムスヒ「……」ムスッ

オモイカネ「ふむふむ……」


オモイカネ「アマテラス様!御祖様が“遣いを出してはどうか?”と仰っています」

アマテラス「遣い、ですかぁ……」

タカミムスヒ「……」ウンウン

アマテラス「確かに、あんな不審者がいては安心してニニギを送り出せませんし、偵察は必要ですが……」

アマテラス「あんな得体の知れない者のところへの遣いとなると、相当に肝の据わった方でなければ……」

オモイカネ「そうですね。でしたら、やはりタケミカヅチ様やタケミカヅチ様でしょうか……?」

アメノウズメ「まぁ、少なくともオモイカネじゃあ無理だろうね♪」クスクス

オモイカネ「……悪かったですね、小心者で!」

アメノウズメ「ちっとは舞台度胸がつくように、アタシが特訓してやろうか?」

オモイカネ「結構です!別に私はウズメ様のようなタイプは目指していませんし」

アメノウズメ「そんなつれないこと言うなってぇ~」

アマテラス「……!!」



アマテラス「いましたよ!適任者が!!」



オモイカネ「へ?」
アメノウズメ「は?」


アマテラス「ウズメさん!今回の任務、そなたにお任せします!!」

アメノウズメ「えぇっ!?ア、アタシぃ!?」

アマテラス「はい!そなたはか弱い女神ですが、他の神と向き合っても物怖じせず、気持ちで勝る神です」

オモイカネ「まぁ、確かに……」

アメノウズメ「そんなに褒められるとくすぐったいからやめとくれよ……///」

アマテラス「タカミムスヒ様、このわたくしの神選、いかがですか?」

タカミムスヒ「……」グッ!!

アマテラス「ご了承、ありがとうございます」


アマテラス「では、わたくしとタカミムスヒ様との名において正式に命じます――」



アマテラス「ウズメさん、そなたは天の八衢へ行き、あの者に問うて来なさい――」

アマテラス「“わたくしの御子が天降りする道に立っているそなたは誰か?”……と!!」バーン!!



アメノウズメ「えぇ~っと……」


アメノウズメ「まいったねぇ……アタシはそういう交渉事は専門じゃないんだけど……」

アマテラス「大丈夫です!そなたならきっとできます!」

アメノウズメ「う~ん……」

アマテラス「そなた以外に適任者はいないのです!是非お願いします、ウズメさん!!」


アメノウズメ「まぁ、お嬢がそこまで言うなら……」



アメノウズメ「ここはアタシが一肌脱ぐとするかね!」


―――――――
――――
――


<天の八衢>

アメノウズメ「ちょっと、そこのあんた!」

???「……む?」

アメノウズメ「あんたに話があるんだけど」

???「おらぁ、あんたみでぇな小娘に用はねぇ」

アメノウズメ「アダルト担当のアタシに向かって“小娘”だぁ?失礼なヤツだねぇ!」

???「へっ、おらが用さあんのは天津神の御子だげだ」

アメノウズメ「いや、アタシも天津神だけど」

???「確かにあんたは高天原から降りてきたみてぇだが、誰の御子かわからんべさ?」

アメノウズメ「言われてみれば、アタシの親って一体誰なんだ……?」

???「それ見ろ。んなどこの馬の骨とも知れねぇ小娘にゃ用なんでねぇ」

アメノウズメ「じゃあ誰の話なら聞くってんだい?」

???「んだがら“天津神の御子”だ」

アメノウズメ「天津神でもアタシじゃダメなんだろ?どんな天津神ならいいんだい?」

???「“天津神の御子”言うたらば、天照大御神の御子に決まっとろうが!」

アメノウズメ(なるほど、お嬢の子孫ね……)



アメノウズメ「じゃあさ、アタシがその天照大御神の遣いだって言ったら、話を聞く気になるかい?」

???「はぁぁっ!?そりゃ本当け??」

アメノウズメ「本当だよ。ここに委任状もある」ペラッ

???「こりゃあ、あんた……!!」



???「天照大御神の直筆サインば見だことねぇから、本物かどうかわがんねぇ!」

アメノウズメ「おいっ!」ビシィッ!!

???「わがんねぇ以上はしょうがねぇ。あんたの言うこと信じよう」

アメノウズメ(意外と素直だな……)


???「そんで、おらに何の用だべか?」

アメノウズメ「えぇ~っと……」

アメノウズメ「今、アマテラスのお嬢が御子……ってか孫を天降りさせようとしてんだ」

???「そりゃ知っとる」

アメノウズメ「でも、見知らぬあんたがここにいるせいで、安心して天降りさせられないんだと」

???「なんだってぇ!?」

アメノウズメ「で、あんたが何者で、何のためにここにいるかをアタシが訊きに来たってわけ」

???「おらぁ、天照大御神に警戒されとったんか……」

アメノウズメ(そりゃあ、その風貌でサーチライト照らしまくってりゃ警戒もされるわ……)



???「おらぁ国津神のサルタビコっちゅうもんだ。“サルタヒコ”のが馴染みがあるだろか?」

アメノウズメ「あぁ~……じゃあとりあえず“サルタヒコ”にしとこう」

サルタヒコ「あぁ、それでええ」



サルタヒコ「そんで、おらがここにおった理由なんだがな……」

アメノウズメ「まさか、天降りを邪魔しようってんじゃないだろうねぇ……」キッ!!

サルタヒコ「とんでもねぇ!」

サルタヒコ「おらぁ、天津神の御子が降りてくると聞いて、こりゃ大事だと思ったから出迎えに来ただげだぁ」

アメノウズメ「コンビニのオープン待ちに来た田舎者かよ!」

サルタヒコ「あわよくばお仕えさしてもらおうと思っとったんだが……邪魔だったか……?」

アメノウズメ「そうだねぇ……そこにいられるとちょっと……」

サルタヒコ「んなこと言わんでくれ!中つ国までの道案内でも何でもすっから、どうか一つ!!」

アメノウズメ「う~ん……」



アメノウズメ「まぁ、アタシは判断する立場じゃないし、とりあえずお嬢にそう伝えとくよ」

サルタヒコ「ありがてぇ!!」

アメノウズメ「お嬢から正式な回答があるまでは、そこでそうして待ってな」

サルタヒコ「わがった!よろすく頼む!」


―――――――
――――
――


<高天原>

アメノウズメ「カクカクシカジカ……というわけなんだけど、お嬢、どうする?」

アマテラス「サルタヒコさんですか……まぁ、害意が無いならば結構です。申し出を受けて道案内をお願いしましょう」

アメノウズメ「いいのかい?途中で裏切ったりするかもしれないよ?」

アマテラス「ニニギには護衛も付けますから大丈夫ですよ。心配には及びません」

アメノウズメ「お嬢がそう言うなら……」



アマテラス「問題は、道案内をさせた後、サルタヒコさんをどうするかですね」

アメノウズメ「どういうことだい?」

アマテラス「いえ、失礼ですがサルタヒコさんは特段高貴な生まれでもないようですし、道案内だけならともかく、その後も仕えさせ続けるのはどうかと」

アメノウズメ「それは確かにそうだね。見るからに田舎者って感じだったし」

アマテラス「やはり、サルタヒコさんには地元へ帰っていただくのが得策だと思うのです」

アメノウズメ「うん、それにはアタシも賛成だ」

アマテラス「では、ニニギにもそうするよう伝えておきましょう」



アマテラス「これで天降りの障害は無くなりました」

アマテラス「次回こそは天降りを成し遂げるのです!!」


―完―

【キャスト】
アマテラス
ニニギ
タカミムスヒ
オモイカネ
アメノウズメ
サルタヒコ


作:若布彦(例によって方言はよくわからないので適当です、すみません……)

・・・次のお話はこちら⇒“まだ無いよ”


▼神話SSまとめ読みはこちら