▼神話SSまとめ読みはこちら


[“国譲り神話/完結編”の続き]
――満を持してオシホミミに天降りを迫るアマテラスのお話


<オシホミミの家>


――カチャカチャ…
――ガラッ


――ドタドタドタドタッ!!


アマテラス「オシホミミ、入りますよ!」バーン!!

オシホミミ「は、母上!?なに勝手に侵入してるんですか!!??」

アマテラス「“入りますよ”と言ったではありませんか」

オシホミミ「入ってから言わないでください!!」

アマテラス「そうですか……では今後は何も言わずに入ってくることにしましょう」

オシホミミ「そうではなくて!ちゃんとインターホンくらい鳴らしてくださいよ!」

アマテラス「息子の家に入るのに、そんな来客のような真似をする必要がありますか!何のための合鍵だと思っているのです?」ジャラッ

オシホミミ「それ、合鍵じゃなくてピッキングツールじゃないですか!犯罪ですよ!!」

アマテラス「だまらっしゃい!そもそも、そなたが実家を出ていくから悪いのです」

オシホミミ「いやいや、私も一応所帯持ちですから、さすがに実家は……」

アマテラス「結婚したら出ていくなんて、発想が平成みたいですよ!」プンスカ

オシホミミ「“平成みたい”って……」



オシホミミ「それで、今日はわざわざそんな小言を言いに来たのですか?」

アマテラス「はっ!そうでした!!」



アマテラス「「どうぞお上がりくださ~い!!」」



???「「はぁ~い、おじゃましま~す!」」


――スタスタスタ


タカミムスヒ「……」ムンッ

オモイカネ「どうも~」

オシホミミ「お、お義父さん!いや、お義母さん……?えぇ~っとぉ……」

オモイカネ「性別が無いと呼び方にも困りますよね、わかります」シミジミ

オモイカネ「ちなみに、私は御祖(みおや)様と呼んでいますよ。これなら性別が無くても――」

オシホミミ「めんどくさいから普通に“タカミムスヒ様”でいいや」

オモイカネ「スルー!?」ガーン!!


オシホミミ「それで、タカミムスヒ様がなぜここへ……?」

アマテラス「フッフッフッ……わたくしとタカミムスヒ様、この組み合わせを見てピンときませんか?」

タカミムスヒ「……」ニヤリ

オシホミミ「……ま、まさか!!」ピーン!!



オシホミミ「……法事ですか?」スットボケー

タカミムスヒ「……」ズコォッ

アマテラス「違いますよ!なぜそういう発想になるのですか!?」

オシホミミ「だって親戚が集まる機会って言ったら新年会か法事が定番じゃありませんか」

アマテラス「確かに、そなたがタカミムスヒ様の娘のヨロズハタトヨアキツシヒメさんと結婚して、わたくしたちは親戚同士になりましたが……」

オモイカネ「つまり、私から見てもオシホミミさんは義理の弟ということですね」

アマテラス「親戚とかは抜きにしても、ピンとくるものがあるでしょう?」

オシホミミ「えぇ~っと……」



オモイカネ「アマテラス様、オシホミミ様がピンと来ないのも無理はありませんよ」

アマテラス「どういうことです?」

オモイカネ「SSをよく読み返してみてください。“国譲り神話/天忍穂耳編”のときは……」

アマテラス「あっ!確かに、このときはわたくしの独断でオシホミミに天降りを命じていますね」

オモイカネ「そうなんです。御祖様が関わるのはオシホミミ様が駄々をこねた後……」

オモイカネ「従って、オシホミミ様は御祖様がProjectに参画していたことは知らないはずなんです」

アマテラス「つまり、オシホミミの中ではタカミムスヒ様は“何してるかよくわからない造化三神”のままなのですね!」

タカミムスヒ「……」ガーン!!



アマテラス「コホン……オシホミミ、よくお聞きなさい」

オシホミミ「は、はぁ……?」

アマテラス「わたくしたちはこのタカミムスヒ様のご協力を得て、ついに成し遂げたのです!」

オシホミミ「成し遂げた……?何をですか??」

アマテラス「葦原の中つ国の平定を、です!!」

オシホミミ「はぇ~、それは良かったですね。おめでとうございます」

アマテラス「ありがとうございます。そなたにもそう言っていただけて、わたくしも努力した甲斐が――」



アマテラス「って、なぜそんな他神事(ひとごと)のようなことを言うのですか!?」

オシホミミ「えぇっ!?だって私は何も関与してませんし、他神事じゃないですか」

アマテラス「まったく、わたくしたちが誰のためにこれまで血の滲むような努力を……」

オモイカネ「いや、言うほどアマテラス様は働いていなかった気が――」

アマテラス「何か仰いましたか、オモイカネさん?」ゴゴゴゴゴッ!!

オモイカネ「いえっ!何もっ!!」



オシホミミ「……あっ!なるほど!」

アマテラス「オシホミミ!ようやく話の流れを理解してくれたのですね!」

オシホミミ「はい、母上。要するに、葦原の中つ国の平定という大事業を成し遂げたので――」



オシホミミ「親族一同で宴をしようということですね!」

タカミムスヒ「……」ズコォッ

アマテラス「オシホミミ!先ほどからふざけているのですか!」プンスカ

オシホミミ「えぇっ!?至極真っ当な推理をしたつもりだったのですが……」シュン…

アマテラス「ボケていないでよく思い出してください!あれは忘れもしない、十数年前のこと……」

オシホミミ「いや、そんな昔のこと覚えてるわけないじゃないですか!!」

アマテラス「えぇっ!?」

オシホミミ「現に、母上も何年前のことだかうろ覚えですし!」

アマテラス「そ、それは……」

オモイカネ「まぁまぁ、オシホミミさん。ここはひとつ話を聞いてくださいよ」

タカミムスヒ「……」ウンウン

オシホミミ「ぅ……。オモイカネはともかく、タカミムスヒ様がそう仰るなら……」

オモイカネ(あれ……?この義弟……ひょっとして冷たい?)



アマテラス「コホン……ではまず葦原の中つ国平定計画の経緯を振り返りましょう」

オシホミミ「はぁ……」

アマテラス「十数年前、わたくしはふと思ったのです――」



アマテラス「「豊葦原之千秋長五百秋之水穂国は、我が御子マサカツアツカッツぁ……オシホミミが治めるべき国です!!」」バーン!!



アマテラス「……と」

オシホミミ「いや、息子の名前で盛大に噛まないでください!」


アマテラス「そして、早速オシホミミを水穂国、即ち葦原の中つ国へ向かわせたところ――」

オモイカネ(噛んだの、無かったことにした!!)

アマテラス「そなたは道半ばの天の浮橋から引き返して来てこう言ったのです――」



アマテラス「「あんな騒がしい、“ぢすこ”のような国へはとても行けません!」」



アマテラス「……と」

オシホミミ「ぢ……ぢすこ??」

オモイカネ「たぶん“ディスコ”のことだと思います」

オシホミミ「あぁ~、言われてみれば確かにそんなこともありましたね」


アマテラス「そこでわたくしは考えました――」

アマテラス「どうすればオシホミミに葦原の中つ国を治めさせることができるか……?」



アマテラス「いつ終わるとも知れない困難な事業に挑む男神(おとこ)たち……」


アマテラス「次々と浮かび上がる難題……そして命を落とす者……」


アマテラス「それでも……男神(おとこ)たちは諦めなかった……」


アマテラス「地上の星を求め……何度でも立ち上がった……」



タカミムスヒ「……(涙」グスッ

オシホミミ「いや、突然ドキュメンタリー番組風にしなくていいですから!」

オモイカネ(内容はだいたい合ってるような……間違ってるような……?)


アマテラス「まぁそんな感じで、そなたに葦原の中つ国を治めさせるためのお膳立てをしていたのです」

オシホミミ「はぁ……」

アマテラス「その計画も完遂し、ようやく準備は整いました!今こそアタックの時です!」

オシホミミ「アタック……とは?」

アマテラス「決まっているではありませんか!葦原の中つ国アタックです!!」

オシホミミ「あぁ~、お断りします」

アマテラス「では出発の日取りですが、占いによると来週の――」ルンルン


アマテラス「って、えぇっ!?」ズガーン!!


アマテラス「オシホミミ……今、何と……?」

オシホミミ「ですから、お断りします!」キッパリ!!

アマテラス「どういうつもりですか!?わたくしはそなたのためを思って……」

オシホミミ「いや、何も私が個人的に天降りしたくないというわけではないんですよ?」


オシホミミ「さっき思い出したんですが、一度天降りを断った後、やっぱり申し訳なくなって私なりに天降りの準備はしていたんです」

アマテラス「そうだったのですか??」

オシホミミ「はい。騒がしいところに慣れようと思ってクラブに行ってみたりとか……」

アマテラス「オシホミミ……そなた、ぱーりーぴーぽーになっていたのですか!?」ガーン!!

オシホミミ「いえ、中に入った途端あまりの騒がしさに酔ってしまい、すぐに外へ出ました」

アマテラス「そ、そうですか……」

オモイカネ(弱い……)

オシホミミ「それで、クラブの外で蹲っていた私を介抱してくれたのが今の妻です」

アマテラス「なんと!?そんな運命的な出逢いを果たしていたのですね!」キラキラ

オモイカネ(運命的ですかねぇ……?)

オシホミミ「それからしばらくして子が生まれ、天降りの準備どころではなくなって……」

オシホミミ「という経緯で、今の今まで天降りのことは忘れていたわけです」

アマテラス「う~む……まぁ子育ては大変ですからね……」


オシホミミ「で、その生まれた子、名はアメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコトと言うのですが――」

アマテラス「そのくらい知っていますよ。わたくしの孫なのですから」

オモイカネ「アマテラス様、そこは読者サービスということでスルーしてください」

オシホミミ「私ももう若くないので、代わりにその子を降ろした方が良いと思うんですよ」

アマテラス「なるほど、ニニギですか。わたくしの孫であれば、器は十分だと思いますが……」

オモイカネ「そう言えば、オシホミミさんとトヨアキツシヒメの間にはアメノホアカリという息子もいましたよね?そちらはどうなのですか?」

オシホミミ「う~ん……どちらかと言うと、たぶんニニギの方が出来がいいので」

アマテラス「そうですか。オシホミミがそう言うなら、その意見を尊重しましょう」

アマテラス「タカミムスヒ様もそれでよろしいですか?」

タカミムスヒ「……」コクコク



アマテラス「では、早速ニニギに命を下しましょう!」


―完―

【キャスト】
アマテラス
アメノオシホミミ
タカミムスヒ
オモイカネ


作:若布彦(名立たるものを追って 輝くものを追って……)

・・・次のお話はこちら⇒“猿田毘古神話

▼神話SSまとめ読みはこちら