▼神話SSまとめ読みはこちら


[“国譲り神話/天之尾羽張編”の続き]
――葦原の中つ国へ派遣されたタケミカヅチの斬新な恫喝術のお話


<稲佐の小浜>

オオクニヌシ「いやぁ~、今日も出雲は平和だなぁ~」

オオクニ「な~んて、つい事件フラグが立ちそうなセリフを漏らし――」


――ズシーーーーンッ!!


オオクニ「って、言ってるそばから不穏な音が!?」



???「ってて……着陸失敗しちまいやした、すんません兄貴」

???「問題ない」



オオクニ(何かが落ちてきたと思ったら、そこから誰か出てきたぞ!?)



???「あっ、兄貴!あそこに誰かいますよ!!」

???「ふむ、そうか。それならば……」



オオクニ(うわっ、なんかこっちに来る!?)

???「おい、そこの貴様」

オオクニ「は、はい!?」ビクッ!!

???「貴様、オオクニヌシだな?」

オオクニ「なっ!?なぜそれを!!??」

???「単純な話だ。我はオオクニヌシに会いに来た。ならば我が会った貴様はオオクニヌシであるべきだろう」

オオクニ「“であるべき”って……ずいぶん傲慢なこと言うなぁ……」



オオクニ「って言うか、あんたたち俺に会いに来たのか?」

???「いかにも。我は高天原からの使者で、タケミカヅチという者だ」

???「俺っちはお供のアメノトリフネっす!」

オオクニ「高天原からの使者!?……ってことは、もしかして!!」



オオクニ「この前の香典返し、届かなかった!?申し訳ない!すぐ送り直すよ!!」

タケミカヅチ「いや、カタログギフトならきちんと届いたようだぞ」

アメノトリフネ「アマテラス様が電動歯ブラシとスチームアイロンの二択でだいぶ悩んでたっすね!」

オオクニ「なんだ、それなら良かった。先日の葬式関係で何か失礼があったかと……」ホッ

タケミカヅチ「むしろ、天津神の参列の許可に加えて香典返しまでもらって、感謝したいくらいだとのことだ」

オオクニ「いやいや、そのくらい当然だよ。“親戚”とは良好な関係を維持したいしね」

タケミカヅチ「ふむ、そうか」



タケミカヅチ「ならばその“良好な関係”を維持するために、一つ伝えたいことがある」

オオクニ「ん?なんだい??」

タケミカヅチ「まぁ、立ち話もなんだ。座って話をするとしよう」

オオクニ「あぁ、それならとりあえず俺の家に――」

タケミカヅチ「必要ない。そこへ座れ」

オオクニ「“そこ”って……砂浜だけど……?」

タケミカヅチ「座れ」ギロッ

オオクニ「は、はいぃっ!」ゾワッ!!



タケミカヅチ「では、我も座るとしよう」

オオクニ「いや、そんな波間に座ったらお尻が濡れますし、もっとこっちへ――」


――ザクッ


オオクニ(波間に剣を突き立てた?しかもわざわざ逆さに??)

タケミカヅチ「ふんっ!」ドスンッ

オオクニ「……へ?」ポカーン



タケミカヅチ「天津神たる者、国津神と同じ高さに座るわけにはいかんからな」ドヤァ!!

トリフネ「出たぁっ!兄貴のエクストリームお座り!!」

オオクニ「!?!?」



オオクニ(ちょ……ちょっと待って、ちょっと待って!えっ!?マジ???)アワアワ…



オオクニ(このお兄さん、逆さに突き立てた剣の切っ先にあぐらかいてるんですけど!!)

オオクニ(なに?どういうこと??どんなお尻してるの???)



タケミカヅチ「さて、オオクニヌシよ」

オオクニ「は、はひぃっ!?」ビクッ!!

タケミカヅチ「我は天照大御神と高木神の命を受けてここへ来た」

オオクニ「……」

タケミカヅチ「アマテラス嬢曰く、『貴様の支配するこの葦原の中つ国は、我が御子の治めるべき国である』とのことだ」

オオクニ「は……はぁ……」

タケミカヅチ「これについて、どう思う?」

オオクニ「どう思う……とは?」

タケミカヅチ「この国を明け渡す気があるかどうか、ということだ」

オオクニ「そ、そんな急に……」

タケミカヅチ「譲りたくないと言うなら、実力で奪い取っても良いのだぞ?」

オオクニ「!?」



オオクニ(こんな鋼鉄のお尻の持ち主に実力行使されたら……)ゾワッ…

オオクニ(無理無理!俺のデリケートなお尻じゃ勝てっこない!!)



オオクニ「と、とんでもない!別に譲るのが嫌だとか、そういうことではないんです!!」

タケミカヅチ「ならばこの国は今日よりアマテラス嬢の御子のものとする。良いな?」

オオクニ「いや、でもそれはちょっと……」

タケミカヅチ「なんだ?何か文句があるのか?」

オオクニ「えぇ~と、実は先週家族会議を開きまして……」

タケミカヅチ「家族会議だと?それとこれと何の関係があるのだ?」

オオクニ「元々、この国の支配権はアメノワカヒコに譲ろうと考えていたんです」

オオクニ「でも、そのワカヒコが先日亡くなったので、相続の配分を見直そうと……」

タケミカヅチ「なるほど、つまり既にこの国を譲ることを約した相手がいると、そういうことか」

オオクニ「はい。なので、俺……じゃなくて、私めからは少々お答えしづらくてですねぇ……」

タケミカヅチ「ふむ。貴様でなければ、誰が我々の問に答えるというのだ?」

オオクニ「私めの息子の、コトシロヌシという者がお答えするはずです」

タケミカヅチ「コトシロヌシか。貴様とカムヤタテヒメとの子だな」

オオクニ「なんか不自然にお詳しいですね……」

タケミカヅチ「読者サービスというやつだ。それで、そいつは今どこにいる?」

オオクニ「鳥や魚を狩りに三保関の方へ行っていて、まだ帰って来ないんですよ」

タケミカヅチ「美保関か……ここからだと少し遠いな……」

オオクニ「はい。なので、おそらく明日までは戻らないと思います」

オオクニ「そういうことですから、今日のところは一旦お帰りになって、後日改めて――」



タケミカヅチ「トリフネよ」

トリフネ「はいっす!久しぶりのセリフっすね!」

タケミカヅチ「美保関までコトシロヌシとやらを迎えに行って来てくれ」

トリフネ「任せてくださいっす!“ばびゅん”と行ってきますよぉ~!!」

オオクニ「えっ!?いやいや、今から美保関に行くなんてそんな無茶な……」

トリフネ「オオクニっちさん、コトシロヌシっちの匂いの付いた物とか持ってないっすか?」

オオクニ「いやぁ~、そんな急に言われても、使用済みパンツくらいしか持ってないけど……」スッ


タケミカヅチ(何故そんなものを持っているのだ……?)


トリフネ「十分っす!クンクン……この匂いっすね、覚えました!!」

タケミカヅチ(嗅ぐのか!?)


トリフネ「それじゃ、行ってきますっす!」バビュンッ!!

タケミカヅチ「お、おぅ……」


―――――――
――――
――


<30分後>


トリフネ「「お待たせしましたっすぅ~~~っ!!」」


――ズシーーーーンッ!!


トリフネ「ってて……まぁ~た着陸失敗しちまいやした」

オオクニ「早っ!!ホントにこんな短時間で美保関まで行ってきたの!?」

トリフネ「鳥みたいに飛んで行けば、片道70kmくらいすぐっすよ!」

タケミカヅチ「ご苦労だったな、トリフネ。コトシロヌシとやらは見つかったか?」

トリフネ「はいっす!漁の最中だったんで、乗ってた船ごと引っ張って来やした!」



コトシロヌシ「はらひれはれ~……」グルグル



オオクニ「コトシロヌシが伸びてるぅ~~~!!」

タケミカヅチ「おい、起きろ」ベシッ

コトシロヌシ「ひでぶっ!!」

オオクニ「コ、コトシロヌシぃぃぃ~!!」



コトシロヌシ「はっ!?こ、ここは……?」



オオクニ「おぉ、コトシロヌシ!目が覚めたか!!」

コトシロヌシ「と、父さん!?なんで父さんまで黄泉の国に??まさか父さんも殺され――」

オオクニ「いやいや、俺は殺されてないし、お前も死んでないから」

コトシロヌシ「そんなまさか。父さんはともかく、私が死んでないわけ……」



コトシロヌシ「……」サッサッ

コトシロヌシ「足……ある……」パタパタ



コトシロヌシ「どうやら辛うじて生きていたようですね……」ホッ

トリフネ「当然っすよ!俺っちの信条は“安全運転”っすからね!」

オオクニ(着陸失敗してたじゃん……)

タケミカヅチ「さて、生存確認ができたところで、コトシロヌシとやら」

コトシロヌシ「えぇ~っと……どちら様ですか?」キョトン

オオクニ「こちらは天津神のMr.ボ〇ギノール……じゃなくて、タケミカヅチ様というお方だ!」

コトシロヌシ「天津神がなぜここに?」

オオクニ「そ、それは……」

タケミカヅチ「それは、この国を譲り受けるためだ」

コトシロヌシ「この国を譲り受け……って、えぇっ!?」

タケミカヅチ「オオクニヌシから、この国はコトシロヌシ、貴様が受け継ぐ予定だと聞いた」

コトシロヌシ「あぁ~、まぁ相続はさせていただくつもりですけど、でも私の領有権は――」

タケミカヅチ「単刀直入に言う。貴様のその相続権、全て放棄しろ」

タケミカヅチ「そして、この国を天津神、天照大御神の御子に譲ることを承諾するのだ」

コトシロヌシ「!?」


コトシロヌシ「えぇ~っと……念のため確認しますが、交渉の余地は……」

タケミカヅチ「無い。回答は“はい”か“Yes”しか受け付けん」

コトシロヌシ「もし“No”と言ったら……?」

タケミカヅチ「“Yes”と言うまで、トリフネに引きずり廻させる」

トリフネ「マッハでお付き合いしますよ!!」ワキワキッ

コトシロヌシ「ヒェッ……」ゾワァッ…



コトシロヌシ「父さん……」

オオクニ「ん?なんだ、コトシロヌシ??」

コトシロヌシ「この国は謹んで天津神の御子に献上しましょう!」キッパリ

オオクニ「えぇっ!?お前、それでいいのか??」

コトシロヌシ「はい。私はもうあんな恐ろしい目に遭うのはごめんです!」

タケミカヅチ「ふむ。賢明な判断だな」ニヤリ


コトシロヌシ「そういうことなので、私はこれで失礼します!!」


コトシロヌシ「これからは隠居生活……だったらこんなもの、もう不要だ!!」バキッ!!

オオクニ「お、おい!大事な船を踏みつけたりなんかして、どうしたんだよ!?」


コトシロヌシ「いよぉぉぉぉ~っ!!」ペチペチッ

オオクニ「こら!手の甲で柏手を打つなんて、不吉なことするんじゃない!!」


――ワサワサッ
――ワサワサワサッ


オオクニ「うわっ、どこからともなく青々とした柴垣が生えてきたぞ!?」

コトシロヌシ「では父さん、お達者でぇ~」

オオクニ「あっ!柴垣がコトシロヌシを囲って……」


――シーン…


オオクニ「ダメだ……すっかりコトシロヌシは柴垣に隠れて、姿が見えなくなってしまった……」

タケミカヅチ「国を譲って自らは身を隠す、殊勝な心掛けではないか」

オオクニ「うぅ……」

タケミカヅチ「さて、貴様の息子コトシロヌシは国を譲ると言ったわけだが……」

タケミカヅチ「他に文句を言うような子はいるか?」

オオクニ「え、えぇ~っと……」


―完―

【キャスト】
オオクニヌシ
タケミカヅチ
アメノトリフネ
コトシロヌシ


作:若布彦(痔は怖いですよね……)

・・・次のお話はこちら⇒“国譲り神話/建御雷編②

▼神話SSまとめ読みはこちら