<神話SS時系列順まとめ>

神話SSの作順と時系列が一致しないため、時系列順に並べ直します。
特にスターウォーズ的な狙いは無いので、作順は気にせず適当に読んでいただければ。


目次

【古事記・上巻】
【古事記・中巻】


【古事記・上巻】

天地開闢神話
天と地が別れ、造化三神を含む別天津神と、神世七代の神々が生まれるまでのお話。
便宜上カムムスヒを主神公にしています。


国土修理固成神話
イザナギとイザナミが葦原の中つ国に初めての島、オノゴロ島を造るお話。
“修理固成”は“しゅりこせい”と読むらしいです。


兄妹神婚神話
イザナギとイザナミが結婚するお話。
日本史上初(?)のシスコンの誕生である。


国生み・神生み神話
イザナギとイザナミが日本列島の様々な島や、それらを守る神々を生むお話。
話の書きようが無いので国生みは端折り、神生みはごっそり割愛。


黄泉の国神話
命を落としたイザナミを、イザナギが黄泉の国まで迎えに行くお話。
作順では二作目。当初は続き物にする気も無かったため、一話完結風。


三貴子分治神話
黄泉の国の穢れを祓いに行ったイザナギがいろいろと神を生むお話。
アマテラス・ツクヨミ・スサノオの三貴子もここで生まれる。


姉弟誓約神話
根の堅洲国に行くことを決めたスサノオが、事前にアマテラスへ挨拶しに行くお話。
行きたきゃ勝手に行けばいいのに……。


天津罪神話
スサノオが高天原で悪逆非道の限りを尽くすお話。
ハタオリメちゃんの死因がね……。


天岩戸神話
天津神たちが策を凝らして、天岩屋に閉じこもったアマテラスを引きずり出すお話。
日本史上初(?)の引きこもりの誕生である。三種の神器の八咫鏡と八尺瓊勾玉が登場。


神逐神話
悪逆非道の限りを尽くしたスサノオが高天原から追放されるお話。
そして唐突に現れるオオゲツヒメは一体何者なのか……?


大蛇神話/前編
葦原の中つ国に降り立ったスサノオが、ヤマタノオロチに狙われるクシナダヒメに出逢うお話。
日本史上初(?)のロリコンの誕生である。


大蛇神話/後編
スサノオが 卑怯な手段 頭脳プレーでヤマタノオロチをやっつけるお話。
三種の神器の草薙剣(天叢雲剣(都牟刈之太刀))が登場。


須賀の宮神話
スサノオがクシナダと暮らす新居を建設するお話。
一応、スサノオの詠んだ和歌は記録に残る最古の和歌らしいです。


白兎神話
出雲から因幡に向かうオオナムチが、満身創痍の白兎を助けるお話。
記念すべき処女作。作者の全盛期。


赤猪神話
因幡から出雲に帰る途中、オオナムチが兄の八十神たちに焼岩クラッシュされるお話。
良い子は真似しちゃいけません。


木の国神話
出雲でもまた殺されたオオナムチが、木の国のオオヤビコのところへ逃れるお話。
まぁ、結局無事逃れられてないんですけどね。


根の堅洲国神話/前編
八十神から逃げ回るオオナムチが、根の堅洲国に住むスサノオに助けを求めに行くお話。
そしていきなりスサノオの娘・スセリビメに手を出してキレられるアホ。


根の堅洲国神話/中編
根の堅洲国でもなんやかんや殺されかけるオオナムチのお話。
ここまでされても死なないあたり、主人公補正って凄い。


根の堅洲国神話/後編
スセリビメと駆け落ちして根の堅洲国から逃げ出すオオナムチのお話。
ここでようやくオオクニヌシを襲名。


八上比売神話
めでたく”オオクニヌシ”を襲名した元・オオナムチのもとに訪れたヤガミヒメのお話。
コノマタが木の俣に挟まれたまま置き去りにされたなんて古事記には明記されていないはず……。


沼河比売神話
”ヤチホコ”と名を変えて(?)越の国まで女漁りに出掛けるオオクニヌシのお話。
ヌナカワヒメの歌の内容がわりとアレな感じなのは、たぶん後世の人が脚色したのでしょう。


須勢理毘売神話
浮気性のオオクニヌシと嫉妬心の強いスセリビメが痴話喧嘩するお話。
「飲んだら乗るな」はこの時代からの常識だったのですね。


十七世神話
オオクニヌシが嫁取りのためならエンヤコラするお話。
結局どうして15世代しかいないのに十七世神なのかはわからずじまいです。


少名毘古那神話
オオクニヌシとスクナビコナが世代や身体のサイズを越えて義兄弟の契りを交わすお話。
別にBLではないですよ?


大物主神話
スクナビコナが去って途方に暮れるオオクニヌシの元に新たな相棒が訪れるお話。
「光る海より来し神」が海の中から出て来た可能性……あると思います。


大年神神話
なぜか唐突に挟まれるオオトシノカミの系譜を説明するためだけのお話。
古事記原文には淡々と系譜が書かれているだけで、当然こんな話はありません。


国譲り神話/天忍穂耳編
葦原の中つ国を治めるよう命じられたオシホミミが、行きたくないと駄々をこねるお話。
騒がしいところに行きたくない気持ちは私もわかります……。


国譲り神話/天菩比編
葦原の中つ国平定のため派遣されたアメノホヒが、まんまと飼い馴らされるお話。
どんな感じに懐柔されたのかは古事記には書いてないんですけどね……。


国譲り神話/天若日子編①
葦原の中つ国平定のため派遣されたアメノワカヒコが、オオクニヌシの婿養子(?)になるお話。
兄にそっくりなアメノワカヒコに嫁ぐシタテルヒメはブラコンなのでしょうか……?


国譲り神話/天若日子編②
音信不通のアメノワカヒコの様子を伺うため、雉の鳴女が派遣されるお話。
アメノワカヒコに鳴女を射殺させるアメノサグメは何者なのでしょう?


国譲り神話/天若日子編③
裏切りの嫌疑をかけられたアメノワカヒコがタカミムスヒの返し矢にグサッとやられるお話。
アマツクニタマが普通にお葬式できるくらい、葦原の中つ国は平和なようです。


国譲り神話/天之尾羽張編
中つ国平定の次の使者としてアメノオハバリとタケミカヅチが推薦されるお話。
引きこもり御用達の天岩屋にいるオハバリさんは”封印されし剣”感がありますね。


国譲り神話/建御雷編①
葦原の中つ国に派遣されたタケミカヅチが、斬新な方法でオオクニヌシを恫喝するお話。
そりゃあそんな強靭なお尻見せられたら心も折れますわ……。


国譲り神話/建御雷編②
国譲りを迫るタケミカヅチとオオクニヌシの息子・タケミナカタとの壮絶バトルのお話。
雷神と見せかけて氷属性の技も使えるタケミカヅチさん……強い……。


国譲り神話/完結編
国譲りの見返りに大社の建設を求めるオオクニヌシと、それを認めちゃう天津神のお話。
無関係なのに新築物件を煤だらけにされるカムムスヒさんが可哀想……。


天降り未遂神話
オシホミミを天降りさせたいアマテラスと、天降りしたくないオシホミミのお話。
登場神物が親戚しかいない……法事かな?


猿田毘古神話
ニニギが天降りする予定の道の途中に野生のサルタヒコが出現するお話。
か弱い女神を遣いに出すなら、護衛くらい付けてあげればいいのに……。


天孫降臨神話/出発編
アマテラスがいろいろと宝物や従者を付けてニニギを送り出すお話。
子孫が繁栄したのが五伴緒、そうでもないのが残りの3柱ってことですかね?


天孫降臨神話/到着編
葦原の中つ国へ降り立ったニニギが、なんやかんやで日向を気に入って宮を建てるお話。
笠沙の御崎までの行き方については、きっと視察(観光ツアー)して確かめたんでしょうね。


猿女神話
アメノウズメがサルタヒコの連れ合いになったり、未亡神になったりするお話。
ウズメ(サルメ)が魚とナマコを恫喝するのは八つ当たりですよね……?


短命起源神話
ニニギがサクヤビメを娶って、抱き合わせのイワナガヒメを返品するお話。
日本史上初(?)の面食いゲス野郎の誕生である。


火中出産神話
ニニギに不貞行為を疑われたサクヤビメが、とち狂った方法で一途な愛を証明するお話。
全国の妊婦さんは絶対に真似しないでください。


海幸山幸神話①
山幸彦となったホオリが海幸彦となったホデリに道具の交換を持ちかけるお話。
ホスセリだけ仲間外れになってるのが悲しい……。


海幸山幸神話②
ホデリと仲直りしたいホオリが、シオツチの助言でワタツミの宮を訪問するお話。
とりあえずホオリはワタツミよりイケメンらしいです。


海幸山幸神話③
三年間ワタツミの宮で過ごしたホオリがようやく当初の目的を思い出すお話。
さすが一国の王だけあって、ワタツミは強かですね……。


海幸山幸神話④
ヒトヒロワニに乗って日向へ帰ったホオリがホデリと決着をつけるお話。
ホデリがホオリに仕えるのはともかく、一族代々溺れる演技をする必要はあるんですかね……?


豊玉毘売神話
三年前にホオリの子を授かったと主張するトヨタマビメがホオリの元を訪れるお話。
サメは妊娠期間が長いですから、あり得ない話じゃないですね。


玉依毘売神話
トヨタマビメの妹のヨリちゃんがウガヤフキアエズの養育係として派遣されるお話。
果たしてウガヤフキアエズとの年齢差はいくつなのか……?


【古事記・中巻】

神武東征神話①
カムヤマトイワレビコが天下を治めるのにふさわしい地を探して東へ旅立つお話。
宮崎は民放2局しか映らない(らしい)から仕方ないね……。


神武東征神話②
白肩津に到着したカムヤマトイワレビコ一行の前にナガスネビコが立ちはだかるお話。
イツセの死因は海水で傷口を洗ったことによる感染症ではないかと……。


神武東征神話③
熊野の山中で倒れたカムヤマトイワレビコをタカクラジが救出するお話。
布都御魂は”タケミカヅチが座った剣”と言うと微妙ですが、なんか凄い力を秘めてるようです。


神武東征神話④
カムヤマトイワレビコが行く先々でいろんな国津神と出逢うお話。
吉野の山には尻尾族が住んでるらしいです。ケモ耳は付いてないのかな……?


神武東征神話⑤
宇陀のエウカシに命を狙われたカムヤマトイワレビコが返り討ちにするお話。
弟に裏切られたうえ、死してなお切り刻まれるエウカシはちょっと悲惨すぎる気が……。


神武東征神話⑥
忍坂の大室で土蜘蛛に待ち伏せされたカムヤマトイワレビコ一行のお話。
こんな奇策を思いつくなんて、イワレビコは汚い賢いなぁ。


神武東征神話⑦
カムヤマトイワレビコがナガスネビコとのリベンジマッチに挑むお話。
裏ボス的に出てきたわりに、存在感の薄いエシキ&オトシキ……。


・・・今のところここまで。当面続きは書けないと思います