<キャラクター紹介>

 神話SSに登場するキャラクターたちを雑に紹介します。
 日本の神様たちは多少キャラ崩壊させても笑って許してくれるはず……。
 なお、SSは基本的に古事記ベースですが、一部古事記には記載のない神・AI等も登場します。

▼神話SSまとめ読みはこちら


【あ行】

●アジスキタカヒコネ

┗オオクニヌシとタキリビメの息子。シタテルヒメの兄。
 血縁関係があるわけでもないのに、なぜかアメノワカヒコに瓜二つらしい。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天若日子編①
 ・国譲り神話/天若日子編③


●アシナヅチ(イナダノミヤヌシスガノヤツミミ)

┗クシナダヒメの父。オオヤマツミの子で、妻はテナヅチ。
 8人(柱?)の娘を儲けるも、クシナダ以外八俣大蛇に食われてしまった可哀想な老夫。
[登場作品]
 ・大蛇神話/前編
 ・大蛇神話/後編
 ・須賀の宮神話


●アマツミソラトヨアキツネワケ

┗イザナギとイザナミの子であるオオヤマトトヨアキツシマの神名。大八嶋の一。
 大八嶋の中でも最大。さすが本州。ただし、セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●アマチカルミヅヒメ

┗オオトシが三番目に娶った女神。オキツヒコ、オキツヒメ、オオヤマクイ、ニワツヒ、アスハ、ハヒキ、カグヤマトミ、ハヤマト、ニワノタカツヒ、オオツチの九柱の母。十柱じゃない。
[登場作品]
 ・大年神神話


●アマツクニタマ

┗アメノワカヒコの父。高天原内でどういうポジションの神なのかは不明。
 息子とアジスキタカヒコネを見間違ううっかり者。まぁ、8年ぶりだし多少はね……。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天若日子編③


●アマツクメ

┗天孫降臨の際にニニギを先導したとされる神。久米直(くめのあたい)の祖神。
 要するに、ニニギを“日向国観光ツアー”に連れ回したってことかな?
[登場作品]
 ・天孫降臨神話/到着編


●アマツマラ

┗高天原の鍛冶師。八咫鏡の製作に携わるくらいにはいい腕をしているらしい。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天岩戸神話


●アマテラス

┗イザナギが禊をした際に左目から生まれた女神。三貴子の一番上の姉。
 高天原の統治者。ブラコンかわいい。
[登場作品]
 ・三貴子分治神話
 ・姉弟誓約神話
 ・天津罪神話
 ・天岩戸神話
 ・神逐神話
 ・大蛇神話/後編
 ・国譲り神話/天忍穂耳編
 ・国譲り神話/天菩比編
 ・国譲り神話/天若日子編①
 ・国譲り神話/天若日子編②
 ・国譲り神話/天若日子編③
 ・国譲り神話/天之尾羽張編
 ・国譲り神話/完結編
 ・天降り未遂神話
 ・猿田毘古神話
 ・天孫降臨神話/出発編
 ・神武東征神話③


●アメノウズメ

┗高天原の超人気女ピン芸人。ダンスの腕は確か。ハイになると露出癖が出る。
 後にサルタヒコから名を受け継いでサルメを名乗るようになる。
[登場作品]
 ・天岩戸神話
 ・猿田毘古神話
 ・天孫降臨神話/出発編
 ・天孫降臨神話/到着編
 ・猿女神話


●アメノオシオ

┗イザナギとイザナミの子であるチカノシマの神名。五島列島。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●アメノオシコロワケ

┗イザナギとイザナミの子であるオキノミツゴノシマの神名。大八嶋の一。隠岐島
 白兎の出身地……だと思う。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●アメノオシヒ

┗天孫降臨の際にニニギを先導したとされる神。大伴連(おおとものむらじ)の祖神。
 要するに、ニニギを“日向国観光ツアー”に連れ回したってことかな?
[登場作品]
 ・天孫降臨神話/到着編


●アメノオシホミミ

┗アマテラスの左の角髪の玉飾りを噛み砕いたスサノオが吹いた息から生まれた男神。
 アマテラスの長男扱い。フルネームはマサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ。
[登場作品]
 ・姉弟誓約神話
 ・国譲り神話/天忍穂耳編
 ・天降り未遂神話


●アメノオハバリ

┗イザナギがカグツチを切り殺すのに使った剣の神。タケミカヅチの親。
 閉鎖されたはずの天岩屋に棲みつき、他の神が近づくのを拒んでいる生粋の引きこもり。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天之尾羽張編


●アメノカク

┗アメノオハバリを勧誘しに行った鹿の神。
 鹿なので険しい道もするするっと通れるらしい。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天之尾羽張編


●アメノコヤネ

┗天津神の一。狩猟免許持ちのため、鹿を狩って太占ができる。
 天岩戸前で祝詞をあげていたくらいなので、イケボであることは明らか。
[登場作品]
 ・天岩戸神話
 ・神逐神話


●アメサグメ

┗アメノワカヒコに雉の鳴女を射殺すよう進言する謎の女神。
 アメノワカヒコとの関係は不明。実は監視役とかそういうポジションなのでは……?
[登場作品]
 ・国譲り神話/天若日子編②


●アメノサデヨリヒメ

┗イザナギとイザナミの子であるツシマの神名。大八嶋の一。対馬。
 津島神社とは特に関係ない。セリフも無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●アメノタヂカラオ

┗力自慢の天津神。筋肉がエキサイトしてる。
 女の子の細腕を引っ張ったり、部屋のドアを投げ捨てたりするくらいデリカシーが無い。
[登場作品]
 ・天岩戸神話
 ・神逐神話


●アメノトコタチ

┗五番目に生まれた神。別天津神。性別不定。
 高天原の永遠の存立を司っているらしい。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●アメノトリフネ

┗タケミカヅチと共に葦原の中つ国へ派遣された神。宙船的なヤツ。
 タケミカヅチの舎弟と言うか、アッシーくん(死語)みたいなポジション?
[登場作品]
 ・国譲り神話/天之尾羽張編
 ・国譲り神話/建御雷編①
 ・国譲り神話/建御雷編②
 ・国譲り神話/完結編


●アメノハタオリメ

┗アマテラス御用達の織り子。腕は確かで、神御衣(かむみそ)もお手の物。
 ギャグ漫画なら”いや、そうはならんやろ”とツッコまれそうな感じで命を落としてしまう。
[登場作品]
 ・天津罪神話


●アメノフタヤ

┗イザナギとイザナミの子であるフタゴノシマの神名。男女群島。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●アメノホヒ

┗アマテラスの右の角髪の玉飾りを噛み砕いたスサノオが吹いた息から生まれた男神。
 アマテラスの次男扱い。葦原の中つ国平定のため派遣されるも、まんまと飼い馴らされる。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天菩比編

●アメノミナカヌシ

┗最初に生まれた神。造化三神。別天津神。性別不定。
 一応主宰神のはずなのに、作者の趣味でポンコツ化されてしまう。
[登場作品]
 ・天地開闢神話
 ・国土修理固成神話
 ・国生み・神生み神話
 ・十七世神話
 ・天孫降臨神話/出発編


●アメノワカヒコ

┗アマツクニタマ(って誰?)の息子。名前がワカメっぽい。
 中つ国平定のため派遣されるも、シタテルヒメを娶って婿養子だかマスオさんだかになる。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天若日子編①
 ・国譲り神話/天若日子編②
 ・国譲り神話/天若日子編③


●アメヒトツネ

┗イザナギとイザナミの子であるヒメジマの神名。大分県姫島。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●アメヒトツバシラ

┗イザナギとイザナミの子であるイキノシマの神名。大八嶋の一。壱岐島。
 大八嶋の中では一番小さい島なのに、なぜか名前はご立派。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●アヤカシコネ

┗神世七代の六代目。オモダルとセットの女神。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●アワジノホノサワケノシマ

┗イザナギとイザナミのナンバリングファーストシングル(第一子)。大八嶋の一。淡路島。
 神名は不明のため、差し当たり島名で掲載。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●アワシマ

┗イザナギとイザナミのインディーズ時代のセカンドシングル(第二子)。
 公式にはナンバリングされていない。
[登場作品]
 ・兄妹神婚神話


●イイヨリヒコ

┗イザナギとイザナミの子であるイヨノフタナノシマ(四国)の4つの顔の一。
 ”飯依比古”なんてさも米どころみたいな名前なのに、現在は”飯よりうどん”県。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●イクグイ

┗神世七代の四代目。ツヌグイとセットの女神。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●イザナギ

┗神世七代の七代目。イザナミとセットの男神。後の旦那。
 アマテラス・ツクヨミ・スサノオの三貴子をはじめ、とにかく子だくさん。
[登場作品]
 ・天地開闢神話
 ・国土修理固成神話
 ・兄妹神婚神話
 ・国生み・神生み神話
 ・黄泉の国神話
 ・三貴子分治神話


●イザナミ

┗神世七代の七代目。イザナミとセットの女神。後の女房。
 黄泉の国在住。かわいい。
[登場作品]
 ・天地開闢神話
 ・国土修理固成神話
 ・兄妹神婚神話
 ・国生み・神生み神話
 ・黄泉の国神話
 ・三貴子分治神話


●イシコリドメ

┗天津神の一。八咫鏡の製作責任者。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天岩戸神話


●イチキシマヒメ

┗スサノオの剣を噛み砕いたアマテラスが吹いた息から生まれた三女神の(古事記では)次女。
 スサノオの娘扱い。タキリビメ、タギツヒメと合わせて宗像三神と呼ばれる。通称弁天様。
[登場作品]
 ・姉弟誓約神話
 ・十七世神話


●イツセ

┗ウガヤフキアエズの長男。カムヤマトイワレビコ(神武天皇)の兄。
 カムヤマトイワレビコと共に東へ旅立つも、ナガスネビコの矢で手傷を負い男之水門で没。
[登場作品]
 ・神武東征神話①
 ・神武東征神話②


●イノヒメ

┗オオトシが最初に娶った女神。カムイクスビ(って誰……?)の娘。
 オオクニミタマ、カラ、ソホリ、シラヒ、ヒジリの五柱の母。
[登場作品]
 ・大年神神話


●イヒカ

┗光る井戸から出てきた国津神。ケモナー歓喜(?)の尻尾族。
 登場のシチュエーションもファッションセンスも謎な吉野首(よしののおびと)の祖神。
[登場作品]
 ・神武東征神話④


●イヨノフタナノシマ

┗イザナギとイザナミの子。大八嶋の一。1つの身体に4つの顔が付いた、いわゆる四国。
 それぞれの顔にはエヒメ・イイヨリヒコ・オオゲツヒメ・タヨリワケと神名が付いている。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●イワオシワクノコ

┗その名のとおり、岩を押し分けて出てきた国津神。力持ちな尻尾族。
 天津神の御子見たさに参上する野次馬精神旺盛な吉野国巣(よしののくず)の祖神。
[登場作品]
 ・神武東征神話④


●イワナガヒメ

┗オオヤマツミの娘で、コノハナノサクヤビメの姉。
 頑強な岩を神格化したもの?酷く醜いらしいですが、真偽のほどは……?
[登場作品]
 ・短命起源神話


●ウカノミタマ

┗スサノオとカムオオイチヒメの子。オオトシの妹……のはず(通説では女神なので)。
 お稲荷さんとして有名。勘違いされがちですが、ウカノミタマ自身はキツネではないです。
[登場作品]
 ・大年神神話


●ウガヤフキアエズ

┗ホオリとトヨタマビメの子。より正確にはアマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズ。
 渚に建てた産屋の屋根を鵜の羽で葺く間もなく生まれたからこんな名前。
[登場作品]
 ・豊玉毘売神話
 ・玉依毘売神話


●ウサツヒコ

┗豊後国・宇沙(大分県宇佐市)の土人。土人と言っても、”野蛮人”的な意味ではない。
 わざわざ宮まで造ってカムヤマトイワレビコとイツセをOMOTENASHIする。
[登場作品]
 ・神武東征神話①


●ウサツヒメ

┗豊後国・宇沙(大分県宇佐市)の土人。たぶんウサツヒコの奥さん?
 わざわざ宮まで造ってカムヤマトイワレビコをOMOTENASHIする。
[登場作品]
 ・神武東征神話①


●ウヒヂニ

┗神世七代の三代目。スヒチニとセットの男神。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●ウマシアシカビヒコヂ

┗四番目に生まれた神。別天津神。性別不定。
 生命力の根源らしい。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●ウムガイヒメ

┗カムムスヒ(ママ上様)の娘。蛤の神らしい。
 古事記からはキャラ設定が読み取れないため、まんまと幼女化されてしまう。
[登場作品]
 ・赤猪神話
 ・少名毘古那神話


●エウカシ

┗宇陀でカムヤマトイワレビコを討ち取ろうとするも、兵を集められなかった不人気マン。
 仕方なく罠に嵌めようとしたが、弟のオトウカシに裏切られて自ら罠に掛かってしまう。
[登場作品]
 ・神武東征神話⑤


●エシキ

┗伊那佐山あたりでカムヤマトイワレビコ一行の前に立ちふさがった裏ボス。
 オトシキと共同戦線を張り、イワレビコの兵を疲れさせた(苦しめたとは言ってない)。
[登場作品]
 ・神武東征神話⑦


●エヒメ

┗イザナギとイザナミの子であるイヨノフタナノシマ(四国)の4つの顔の一。
 絶対ポンジュースかわいいと思われるものの、セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●オオカムヅミ

┗桃。
 ペクチンが豊富。ナイアシンによる睡眠改善効果も期待されている。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話


●大熊(オオクマ)

┗熊野の山中でほのかに現れて、特段何もせず消える謎のくまさん。
 コイツが現れた直後にカムヤマトイワレビコ一行が気絶したので、悪いヤツかもしれない。
[登場作品]
 ・神武東征神話③


●オオクメ

┗久米直(くめのあたい)の祖神。つまり、アマツクメの子孫?
 宇陀でカムヤマトイワレビコを罠に嵌めようとしたエウカシを脅してやっつけた。
[登場作品]
 ・神武東征神話⑤


●オオゲツヒメ(四国)

┗イザナギとイザナミの子であるイヨノフタナノシマ(四国)の4つの顔の一。
 他のオオゲツヒメと同一神かは不明。わかめがそこそこ有名な阿波国担当。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●オオゲツヒメ(神逐)

┗身体の穴という穴から食べ物を出せる凄い女神。日本のハイヌウェレ。
 阿波のオオゲツヒメと同一神かは不明。神生みでも同名の神が生まれているので、そっちか?
[登場作品]
 ・神逐神話


●オオタマルワケ

┗イザナギとイザナミの子であるオオシマの神名。周防大島。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●オオトシ

┗スサノオとカムオオイチヒメの子。ウカノミタマの兄。
 お正月に各家庭を回ってくれる神様として馴染みが深いわりに、名前とかはいまいち知られてない。
[登場作品]
 ・大年神神話


●オオトノヂ

┗神世七代の五代目。オオトノベとセットの男神。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●オオトノベ

┗神世七代の五代目。オオトノヂとセットの女神。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●オオナムチ(アシハラシコオ、ウツシクニタマ、オオクニヌシ、ヤチホコ)

┗出雲の男神。サシクニワカヒメの息子。八十神の異母弟。
 優しくていいヤツだが、何かと殺されがち。オオクニヌシ襲名後はゲス。
[登場作品]
 ・白兎神話
 ・赤猪神話
 ・木の国神話
 ・根の堅洲国神話/前編
 ・根の堅洲国神話/中編
 ・根の堅洲国神話/後編
 ・八上比売神話
 ・沼河比売神話
 ・須勢理毘売神話
 ・十七世神話
 ・少名毘古那神話
 ・大物主神話
 ・国譲り神話/天菩比編
 ・国譲り神話/天若日子編①
 ・国譲り神話/建御雷編①
 ・国譲り神話/建御雷編②
 ・国譲り神話/完結編


●オオノデヒメ

┗イザナギとイザナミの子であるアズキシマの神名。小豆島。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●オオモノヌシ

┗光る海からズゴゴゴゴッ!!!っと出て来た(?)ビッグでグレイトな神。
 御諸山(三輪山)に祀らせる代わりにオオクニヌシの国作りを手伝う。
[登場作品]
 ・大物主神話


●オオヤビコ

┗木の国の男神。オオナムチの親戚のおっさん。
 木の国(紀伊国)の人って、みんな梅干しに命懸けてるんじゃないんですか?
[登場作品]
 ・木の国神話


●オオヤマツミ

神生みでイザナギとイザナミがめちゃくちゃ生んだ神の一。
 いたるところで子孫の名前が出てくる。しかもクシナダヒメやらサクヤビメやら美女揃い。
[登場作品]
 ・大蛇神話/前編
 ・短命起源神話


●オトウカシ

┗宇陀でカムヤマトイワレビコを罠に嵌めようとしたエウカシの弟。
 兄のエウカシをあっさり裏切り、イワレビコに仕える。宇陀の水取(もいとり)の祖。
[登場作品]
 ・神武東征神話⑤


●オトシキ

┗伊那佐山あたりでカムヤマトイワレビコ一行の前に立ちふさがった裏ボス。
 エシキと共同戦線を張り、イワレビコの兵を疲れさせた(苦しめたとは言ってない)。
[登場作品]
 ・神武東征神話⑦


●オモイカネ

┗タカミムスヒの子。性別は不定。
 周囲から知恵の神扱いされているので、眼鏡であることは明らか。
[登場作品]
 ・天岩戸神話
 ・神逐神話
 ・国譲り神話/天菩比編
 ・国譲り神話/天若日子編①
 ・国譲り神話/天若日子編②
 ・国譲り神話/天若日子編③
 ・国譲り神話/天之尾羽張編
 ・天降り未遂神話
 ・猿田毘古神話
 ・天孫降臨神話/出発編
 ・天孫降臨神話/到着編


●オモダル

┗神世七代の六代目。アヤカシコネとセットの男神。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●親方(オヤカタ)

┗アマテラスが大嘗祭で使う御殿の施工を受注した建設会社の親方。
 古事記には登場しない。
[登場作品]
 ・天津罪神話


【か行】

●カグヨヒメ

┗オオトシが二番目に娶った女神。カグヤヒメじゃない。
 オオカグヤマトミ、ミトシの二柱の母。ミトシはオオトシと同じ年神らしい。
[登場作品]
 ・大年神神話


●膳夫(カシワデ)

┗土蜘蛛に料理を振舞って油断させて切り殺した戦うコックさん。必殺料理人。
 久米の一族らしい。つまり、親戚はみんな料理人なんでしょうか……?
[登場作品]
 ・神武東征神話⑥


●カナヤマヒコ

┗イザナミのゲロから生まれた男神。カナヤマヒメとセット。
 金臭い。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話


●カナヤマヒメ

┗イザナミのゲロから生まれた女神。カナヤマヒコとセット。
 金臭い。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話


●カムムスヒ

┗三番目に生まれた神。造化三神。別天津神。性別不定。
 面倒見の良い中間管理職的なポジション。
[登場作品]
 ・天地開闢神話
 ・赤猪神話
 ・国土修理固成神話
 ・兄妹神婚神話
 ・国生み・神生み神話
 ・神逐神話
 ・十七世神話
 ・少名毘古那神話
 ・国譲り神話/完結編
 ・天孫降臨神話/出発編


●カムヤマトイワレビコ

┗ウガヤフキアエズの四男。後の神武天皇。
 日向は田舎であることに気付き、天下を治めるのに適した地を目指して東へ旅立つ。
[登場作品]
 ・神武東征神話①
 ・神武東征神話②
 ・神武東征神話③
 ・神武東征神話④
 ・神武東征神話⑤
 ・神武東征神話⑥
 ・神武東征神話⑦


●キサガイヒメ

┗カムムスヒ(パパ上様)の娘。赤貝の神らしい。
 古事記からはキャラ設定が読み取れないため、まんまと幼女化されてしまう。
[登場作品]
 ・赤猪神話
 ・少名毘古那神話


●クエビコ

┗山田の案山子。里田ではなくあくまで山田の案山子。
 朝から晩までずっと突っ立ってるので、とっても物知りらしい。
[登場作品]
 ・少名毘古那神話


●ククリヒメ

┗お節介焼きの女神。古事記には登場しない。
 まだSSを続きものにしようとか思っていなかった作者が、日本書紀から引っ張って来た神。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話


●クシナダヒメ

┗アシナヅチとテナヅチの八女で、オオヤマツミの孫。登場時は童女(たぶんロリ)である。
 八俣大蛇に命を狙われるも、スサノオに見初められ嫁入りする。作者都合により櫛になっても喋る。
[登場作品]
 ・大蛇神話/前編
 ・大蛇神話/後編
 ・須賀の宮神話


●クシヤタマ

┗水戸神(イザナギ・イザナミの子、ハヤアキツヒコとハヤアキツヒメを指すらしい)の孫。
 とにかく料理上手なうえ、鵜に変身できたりお皿も作れたりと多才。
[登場作品]
 ・国譲り神話/完結編


●クニノトコタチ

┗神世七代の一代目。性別不定。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●軍勢(グンゼイ)

┗軍勢。モブ。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話
 ・神武東征神話②


●コトシロヌシ

┗オオクニヌシとカムヤタテヒメの息子。一応相続の順位的には上の方らしい。
 やたらと諦めが良く、引き籠りの才能を感じる。
[登場作品]
 ・国譲り神話/建御雷編①


●コノハナノサクヤビメ

┗オオヤマツミの娘で、イワナガヒメの妹。メンヘラ美女。カムアタツヒメとも。
 美人薄命とは言うものの、自分じゃなくて夫を薄命にさせる美神は珍しい?
[登場作品]
 ・短命起源神話
 ・火中出産神話


●コノマタ(ミイ)

┗ヤガミヒメがオオナムチとの間に産んだ子。オオナムチの第一子。性別不明。
 名前の由来はヤガミヒメが木の俣に差し挟んだこと。”御井(ミイ)”の方は由来不明。
[登場作品]
 ・八上比売神話


【さ行】

●サイモチ

┗ワタツミに仕えているサメのリーダー的存在(?)。
 初登場時はただの"ヒトヒロワニ”だが、ホオリから小刀を授かってサイモチとなる。
[登場作品]
 ・海幸山幸神話④


●サオネツヒコ

┗速吸門(豊予海峡らしい)あたりの国津神。亀の甲羅に乗って釣りをするのが趣味。
 カムヤマトイワレビコとイツセに海の道を教えた結果、重用されて大和国造の祖神になる。
[登場作品]
 ・神武東征神話①
 ・神武東征神話②
 ・神武東征神話③
 ・神武東征神話④
 ・神武東征神話⑤
 ・神武東征神話⑥
 ・神武東征神話⑦


●魚(サカナ)

┗海水魚。
[登場作品]
 ・猿女神話
 ・海幸山幸神話③


●サシクニワカヒメ

┗出雲の女神。オオナムチの母。
 オトナの魅力溢れる美神。かわいい。
[登場作品]
 ・赤猪神話
 ・木の国神話


●サドノシマ

┗イザナギとイザナミの子。大八嶋の一。佐渡島。
 神名は不明のため、差し当たり島名で掲載。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●サルタヒコ

┗ニニギの天降りの情報をどこからか聞きつけてやって来た野次馬。天狗じゃない。
 古事記では”サルタビコ”だけど、”サルタヒコ”の方が認知度が高いイメージ。
[登場作品]
 ・猿田毘古神話
 ・天孫降臨神話/到着編
 ・猿女神話


●シオツチ

┗製塩の神。鹽竈神社の御祭神として有名なじいさん。
 山幸彦(ホオリ)をワタツミの宮に導く。
[登場作品]
 ・海幸山幸神話②


●醜女(シコメ)

┗黄泉の国の怪力女。とりあえずA~Dまでは喋る。
 中身は意外とギャルかもしれない。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話


●侍女(ジジョ)

┗ワタツミの宮に勤務する侍女。
 侍女たる者、水汲みに行くときには鼻歌を歌わなければならない。
[登場作品]
 ・海幸山幸神話②


●シタテルヒメ

┗オオクニヌシとタキリビメの娘。アジスキタカヒコネの妹。
 葦原の中つ国平定のため派遣されて来たアメノワカヒコが惚れ込むほどの美女。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天若日子編①
 ・国譲り神話/天若日子編③


●シラヒワケ

┗イザナギとイザナミの子であるツクシノシマ(九州)の4つの顔の一。
 筑紫国担当なので、四柱の中ではリーダー的存在?でもセリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●Siri(シリ)

┗超有能コンシェルジュ。古事記には登場しない。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話
 ・兄妹神婚神話
 ・国生み・神生み神話
 ・三貴子分治神話


●白兎(シロウサギ)

┗隠岐の島出身。後に因幡へ上陸。
 ハダカデバネズミ(学名:Heterocephalus glaber)ではない。
[登場作品]
 ・白兎神話


●白狐(シロギツネ)

┗ウカノミタマの神使の白いキツネさん。
 「びゃっこ」と読んだ方が良いのでしょうか?
[登場作品]
 ・大年神神話


●スクナビコナ

┗カムムスヒの御子で、オオクニヌシの義兄弟。どっちが兄でどっちが弟かは不明。
 ガガイモの実の船に乗って漂流したり、蛾の羽を衣代わりにするくらい小さいらしい。
[登場作品]
 ・少名毘古那神話
 ・大物主神話


●スサノオ

┗イザナギが禊をした際に鼻から生まれた男神。三貴子の末の弟。
 キャラチェンが激しい。
[登場作品]
 ・三貴子分治神話
 ・姉弟誓約神話
 ・天津罪神話
 ・神逐神話
 ・大蛇神話/前編
 ・大蛇神話/後編
 ・須賀の宮神話
 ・根の堅洲国神話/前編
 ・根の堅洲国神話/中編
 ・根の堅洲国神話/後編


●スセリビメ

┗スサノオの娘で、母親は不明。オオナムチと出会ってすぐに電撃結婚を果たす。
 父親に似たのか、やや気が強く男勝り。
[登場作品]
 ・根の堅洲国神話/前編
 ・根の堅洲国神話/中編
 ・根の堅洲国神話/後編
 ・八上比売神話
 ・須勢理毘売神話
 ・国譲り神話/天菩比編


●スヒチニ

┗神世七代の三代目。ウヒヂニとセットの女神。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


【た行】

●鯛(タイ)

┗スズキ目タイ科。赤海鯽魚(あかちぬ)とも。
 ホデリの釣り針を飲み込んで、三年間モノが食べられなかったらしい。
[登場作品]
 ・海幸山幸神話③


●大工(ダイク)

┗アマテラスが大嘗祭で使う御殿の施工を受注した建設会社の下っ端。丸太を切るのが遅い。
 古事記には登場しない。
[登場作品]
 ・天津罪神話


●タカクラジ

┗熊野の山中で倒れたカムヤマトイワレビコのもとに布都御魂を届けに来た国津神(?)。
 倉の屋根をぶち抜かれた被害者。彌彦神社の祭神・天香山命と同一神らしいが……?
[登場作品]
 ・神武東征神話③
 ・神武東征神話④
 ・神武東征神話⑤
 ・神武東征神話⑥
 ・神武東征神話⑦


●タカミムスヒ

┗二番目に生まれた神。造化三神。別天津神。性別不定。
 国譲りでブイブイ言わせているものの、このSSでは無口。でも意外とお茶目。
[登場作品]
 ・天地開闢神話
 ・国土修理固成神話
 ・国生み・神生み神話
 ・十七世神話
 ・国譲り神話/天菩比編
 ・国譲り神話/天若日子編①
 ・国譲り神話/天若日子編②
 ・国譲り神話/天若日子編③
 ・天降り未遂神話
 ・猿田毘古神話
 ・天孫降臨神話/出発編
 ・神武東征神話③


●タギツヒメ

┗スサノオの剣を噛み砕いたアマテラスが吹いた息から生まれた三女神の(古事記では)三女。
 スサノオの娘扱い。タキリビメ、イチキシマヒメと合わせて宗像三神と呼ばれる。
[登場作品]
 ・姉弟誓約神話
 ・十七世神話


●タキリビメ

┗スサノオの剣を噛み砕いたアマテラスが吹いた息から生まれた三女神の(古事記では)長女。
 スサノオの娘扱い。イチキシマヒメ、タギツヒメと合わせて宗像三神と呼ばれる。タゴリヒメとも。
[登場作品]
 ・姉弟誓約神話
 ・十七世神話


●タケヒカタワケ

┗イザナギとイザナミの子であるキビノコジマの神名。児島半島。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●タケミカヅチ

┗切り殺されたカグツチの血から生まれた神。アメノオハバリの子という位置づけ。
 ボ〇ギノールとは無縁のめちゃくちゃ強い武神。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天之尾羽張編
 ・国譲り神話/建御雷編①
 ・国譲り神話/建御雷編②
 ・国譲り神話/完結編
 ・神武東征神話③


●タケミナカタ

┗オオクニヌシの息子。母親はヌナカワヒメというのが通説(?)。
 黄泉比良坂や根の堅洲国でもお馴染みの千曳の岩を軽々持ち上げる力持ち。
[登場作品]
 ・国譲り神話/建御雷編②


●タケヨリワケ

┗イザナギとイザナミの子であるイヨノフタナノシマ(四国)の4つの顔の一。
 カツオが有名な土佐国担当。なんか強そうなイメージ。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●タケヒムカヒトヨクジヒネワケ

┗イザナギとイザナミの子であるツクシノシマ(九州)の4つの顔の一。
 わかめではなく海苔が有名な有明海あたりを守っている。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●タケヒワケ

┗イザナギとイザナミの子であるツクシノシマ(九州)の4つの顔の一。
 南部の熊曾国担当なので、なんとなく毛深そう。あと顔が濃そう。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●タニグク

┗なんかやたらと有能なヒキガエル。
 クエビコとは知り合いらしい。
[登場作品]
 ・少名毘古那神話


●タマノオヤ

┗天津神の一。八尺瓊勾玉の製作責任者。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天岩戸神話


●タマヨリビメ

┗ワタツミの娘で、トヨタマビメの妹。ウガヤフキアエズの養育係であり、後の妻。
 乳児を自分好みの男に育てあげて結婚した逆光源氏とか言っちゃいけない。
[登場作品]
 ・玉依毘売神話


●ツキタツフナト

┗イザナギが禊をする前にほっぽった杖から生まれた神。
[登場作品]
 ・三貴子分治神話


●ツクシノシマ

┗イザナギとイザナミの子。大八嶋の一。1つの身体に4つの顔が付いた、いわゆる九州。
 それぞれの顔にはシラヒワケ・トヨヒワケ・タケヒムカヒトヨクジヒネワケ・タケヒワケと神名が付いている。
 いずれもセリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


●ツクヨミ

┗イザナギが禊をした際に右目から生まれた神。三貴子の真ん中。たぶん男。
 夜の食国の統治者。中二病。
[登場作品]
 ・三貴子分治神話


●土蜘蛛(ツチグモ)

┗忍坂の大室でカムヤマトイワレビコを待ち受けていた土人。尻尾族。
 でっかい蜘蛛の妖怪ではない。
[登場作品]
 ・神武東征神話⑥


●ツツノオトリオ

┗イザナギが禊をして生まれた三柱の男神。住吉三神。
 水底あたりでソコツツノオ、中ほどでナカツツノオ、水面付近でウワツツノオが生まれた模様。
[登場作品]
 ・三貴子分治神話


●ツヌグイ

┗神世七代の四代目。イクグイとセットの男神。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●テナヅチ

┗クシナダヒメの母。オオヤマツミの子であるアシナヅチの妻。
 8人(柱?)の娘を儲けるも、クシナダ以外八俣大蛇に食われてしまった可哀想な老女。
[登場作品]
 ・大蛇神話/前編
 ・大蛇神話/後編
 ・須賀の宮神話


●トキハカシ

┗イザナギが禊をする前にほっぽった嚢(袋)から生まれた神。
[登場作品]
 ・三貴子分治神話


●トヨクモノ

┗神世七代の二代目。性別不定。
 セリフは無い。
[登場作品]
 ・天地開闢神話


●トヨタマビメ

┗ワタツミの娘。山幸彦(ホオリ)に一目惚れしてそのまま結婚する。
 いざというときにだけ解放する”真の姿(トゥルー・フォーム)”があるらしい。
[登場作品]
 ・海幸山幸神話②
 ・海幸山幸神話③
 ・海幸山幸神話④
 ・豊玉毘売神話
 ・玉依毘売神話


●トヨヒワケ

┗イザナギとイザナミの子であるツクシノシマ(九州)の4つの顔の一。
 豊国担当。温泉好きなんでしょうね。セリフは無い。
[登場作品]
 ・国生み・神生み神話


【な行】

●ナガスネビコ

┗東征するカムヤマトイワレビコ一行の前に立ちふさがった登美の国津神。
 イツセに手傷を負わせ、死に至らしめる。その後なんやかんやあってイワレビコに敗北。
[登場作品]
 ・神武東征神話②
 ・神武東征神話⑦


●鳴女(ナキメ)

┗アメノワカヒコの偵察のため葦原の中つ国に派遣された雉。
 伝言を完コピできるほど賢い雉だが、アメノワカヒコに胸を射抜かれ死亡。
[登場作品]
 ・国譲り神話/天若日子編②


●ナマコ

┗サルメ(アメノウズメ)に口を裂かれた可哀想なナマコ。
 割かれるまではごはん食べられなかったの……?
[登場作品]
 ・猿女神話


●ニエモツノコ

┗吉野川(紀の川)で筌(うえ)を作って魚を獲るのを生業にしていた国津神。
 後に漁の方法を変えて阿陀の鵜飼の祖神になる。
[登場作品]
 ・神武東征神話④


●ニギハヤヒ

┗ニニギの追っかけ。ニニギが天降りしたと聞いて、自らも後追いで天降りする。
 結局ニニギじゃなくてカムヤマトイワレビコに仕える。妻はナガスネビコの妹・トミヤビメ。
[登場作品]
 ・神武東征神話⑦


●ニニギ

┗葦原の中つ国の統治者として正式に派遣されたオシホミミの御子(=アマテラスの孫)。
 フルネームはアメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト。長い。
[登場作品]
 ・猿田毘古神話
 ・天孫降臨神話/出発編
 ・天孫降臨神話/到着編
 ・猿女神話
 ・短命起源神話
 ・火中出産神話


●ネズミ

┗根の堅洲国の野良ネズミ。子供には何でも食べさせる派。
[登場作品]
 ・根の堅洲国神話/中編


●ヌナカワヒメ

┗越の国で話題のかしこいかわいい姫君。
 ヤチホコことオオクニヌシにしつこく求婚され、一度は追い返すもなんやかんや結ばれる。
[登場作品]
 ・沼河比売神話



【は行】

●歯(ハ)

┗イザナギの櫛の歯。
 たけのこニョッキが得意。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話


●ヒノカグツチ

┗イザナギ・イザナミの息子。熱盛。本編では「カグツチ」表記。
 実の母を焼き殺して実の父に殺される、日本神話屈指の凄惨な生涯を送った子。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話


●ヒルコ

┗イザナギとイザナミのインディーズ時代のファーストシングル(第一子)。
 公式にはナンバリングされていない。ヒルコが名前なのかも不明。後のエビスとも。
[登場作品]
 ・兄妹神婚神話


●フトダマ

┗天津神の一。狩猟免許持ちのため、鹿を狩って太占ができる。
 高速注連縄掛けが得意っぽい。
[登場作品]
 ・天岩戸神話
 ・神逐神話


●ホオリ

┗ニニギとサクヤビメの子。燃え盛る産屋で生まれた三つ子の三男。
 後に山幸彦と呼ばれるようになる狩猟の名手。アマツヒコヒコホホデミノミコト、ソラツヒコとも。
[登場作品]
 ・火中出産神話
 ・海幸山幸神話①
 ・海幸山幸神話②
 ・海幸山幸神話③
 ・海幸山幸神話④
 ・豊玉毘売神話
 ・玉依毘売神話


●ホスセリ

┗ニニギとサクヤビメの子。燃え盛る産屋で生まれた三つ子の次男。
 「兄は海幸彦、弟は山幸彦……じゃあお前は何幸彦なんだ!?」って感じの謎キャラです。
[登場作品]
 ・火中出産神話


●ホデリ

┗ニニギとサクヤビメの子。燃え盛る産屋で生まれた三つ子の長男。
 後に海幸彦と呼ばれるようになる漁の名手。薩摩隼人の祖神。
[登場作品]
 ・火中出産神話
 ・海幸山幸神話①
 ・海幸山幸神話④


【ま行】

●ミチノオミ

┗大伴連(おおとものむらじ)の祖神。つまり、アメノオシヒの子孫?
 宇陀でカムヤマトイワレビコを罠に嵌めようとしたエウカシを脅してやっつけた。
[登場作品]
 ・神武東征神話⑤


●ミチノナガチハ

┗イザナギが禊をする前にほっぽった帯から生まれた神。
[登場作品]
 ・三貴子分治神話


●モブ津神(モブツカミ)

┗モブ。天津神でも国津神でも、モブならモブ津神。
[登場作品]
 ・姉弟誓約神話
 ・天津罪神話
 ・天岩戸神話
 ・神逐神話
 ・大蛇神話/後編
 ・少名毘古那神話
 ・国譲り神話/天忍穂耳編
 ・国譲り神話/天菩比編
 ・国譲り神話/天若日子編①
 ・国譲り神話/天若日子編②
 ・猿女神話
 ・火中出産神話


【や行】

●ヤガミヒメ

┗因幡のぐぅかわ即〇ボ(と噂の)女神。八十神に言い寄られるも、オオナムチに惚れる。
 オオナムチとの子まで産んだのに、正妻のスセリビメに遠慮して身を引く不憫な子。
[登場作品]
 ・白兎神話
 ・八上比売神話


●八十神(ヤソガミ)

┗出雲の男神。オオナムチの異母兄。母は不明。ゲス。
 作中にはA~Cまでしか登場しないけど、ホントはもっと大人数?
[登場作品]
 ・白兎神話
 ・赤猪神話
 ・木の国神話
 ・根の堅洲国神話/後編
 ・沼河比売神話


●八咫烏(ヤタガラス)

┗カムヤマトイワレビコの道案内のためにタカミムスヒから遣わされたカラス。
 足が三本ある独特の風貌で有名。コイツが好きな人はだいたいサッカーファン。
[登場作品]
 ・神武東征神話③
 ・神武東征神話④
 ・神武東征神話⑤


【ら行】

●雷神(ライジン)

┗黄泉の国におけるイザナミの側近。八柱いる。
[登場作品]
 ・黄泉の国神話


【わ行】

●ワタツミ

┗トヨタマビメの父で、海の神。ワタツミの宮の主。
 後述するワタツミトリオとは別で、イザナギとイザナミの御子(オオワタツミ)のはず。
[登場作品]
 ・海幸山幸神話②
 ・海幸山幸神話③
 ・海幸山幸神話④
 ・玉依毘売神話


●ワタツミトリオ

┗イザナギが禊をして生まれた三柱の神。たぶん男神。
 水底あたりでソコワタツミ、中ほどでナカワタツミ、水面付近でウワワタツミが生まれた模様。
[登場作品]
 ・三貴子分治神話


●ワニ

┗隠岐の島近海のサメ。いっぱいいるらしいのでn数はご想像にお任せ。
[登場作品]
 ・白兎神話


●ワニ(海幸山幸)

┗ワタツミに仕えているサメ。
 うち1匹はヒトヒロワニことサイモチ。
[登場作品]
 ・海幸山幸神話④



理研ビタミン わかめご飯 31g×10袋入
理研ビタミン わかめご飯 31g×10袋入